« ●第[00回]: Mod Organizerの仕組みを理解しよう (skyrim) | トップページ | ●第[02回]: bsaファイルとlooseファイル (Skyrim) »

2015年6月21日 (日)

●第[01回]: espのはたらき (Skyrim)

こんにちは、ゆう@TESmod沼 です(^^;)
何となくイイ感じで連載できてますが、いつまで続くかな~(°°~)
最近、ちょっと落ち着いてきました。
前の仔(ウサ)を12年前に亡くしたときにはペットロスが酷かったのですが、今度の仔(ウサ)は長寿&老衰だったためか、送るほうもそこまで喪失感酷くありませんでした。死に対する心の準備が長い時間かけてできていた・・・のかもしれませんね。
ところで、ぷーちゃんが居なくなってからなんとなく飼い始めたウパですが、どんどん大きくなっていきます。うちに来たころは(=°°)/←こんなサイズだったのが・・・
 
(=°°)/ → (=°_°)/ → (=°__°)/
イマココwです。
・・・
・・・

20150618_00011

さて、Skyrimです。
今回は、少し癖のあるesmとespについて、簡単に説明してみます。

各Modのesm/espのは、アドレスで示される要素の集合体になっています。

この要素一つ一つがNPCだったり武器だったり、魔法だったりイベントだったりするわけです。これらModが、ロードオーダーの順に積み上げられていきます。
Mosystem2
前回説明したように、espのロードオーダーは、Mod Organizerの右側のペインで並べ替えできます。
まずこの図を見てください

Esp_3

esmに基本的なデータを置いて、espはその上書きもしくは内容追加を行なう形になります。この図のAddress X0000012、Address X0000013の部分が上書きです。

このように、
○同じアドレスの要素が複数のModに存在した場合、
 積み上がった一番上の要素が有効になります。
 
そしてAddress X1000020の部分が内容追加ですね。
 
○基本的にロードオーダーはesm<espとなり、
 esmはesm同士、espはesp同士でロードオーダーを
 調整します。
 
(ロードオーダーの大きい方が後から読みこまれる=優先順位が高い)
では次の図を見てください。
Esp1

Base A.esm の 上に MOD B.esp と MOD C.esp を上書きしています。それぞれのmodにおいて、同じアドレスの中に攻撃力、防御力という2つの要素があります。

これらをespで上書きする場合、攻撃力はMOD B.espで上書き、防御力はMOD C.espで上書き、というようなことはできません。
優先度の高い方のespでだけ上書きされます
両方の効果を有効にしようとしてもできないという制約があります。
・・・
・・・
次の図を見てください。
Esp2
MOD B.espから攻撃力、MOD C.espから防御力、を取り出して、それらを混ぜ合わせた新しいプラグインMerged Patch.esp を作り出しています。
このMerged Patch.espでBase A.esmを上書きすることにより、攻撃力も防御力も変更することができるようになります。
mod遊びをしているとよく「マージ」とか、「パッチ」という言葉を聞くと思います。
それはこういうときに使います。
具体的には
■ベース.esm → バニラの水環境

に対して、同じアドレスを改変する

■A.esp → 水質を改善するmod

■B.esp → 水源から水が汲めるようになるmod

というmodを適用するとどちらか一方しか有効にできませんが、マージパッチを作ることにより、

■改善した水質の水源から水が汲める
と両方の効果が有効になるわけです。
・・・
・・・
いかがでしたでしょうか。
プラグインの考え方が何となくイメージついたでしょうか?^^
esp/esmの上書き関係は、TESVeditというツールを使えば簡単に視覚化できます。
マージパッチもここから手動で作り出せます。
TESVeditは、使い方を紹介しているページがたくさんありますから、ここまでの前提知識をもとに読んでみると理論と実践の両面が手に入ると思います。
ボッリ師も言っています。
「espを制すものはスカイリムを制す」
と・・・w
次回は、modを構成するesp/esm以外の要素について書いてみたいと思います。
・・・
・・・
さて、ここからはスクショ置き場(^^;)
最近の中から、数枚(?)えらんでペッタン!
今回はメインクエスト周辺を少し進めました。
20150620_00014
↑早朝起床で旅支度(ブリーズホーム前)
 ・・・なぜかカボチャお化けが^^;
 ・・・ゲーム内ではハロウィンの季節なのかな?
20150620_00059

↑ホワイトラン東門から出て、川沿いに南へ。。。
 ・・・リバーウッドに大事な用があったので、今回はヘルゲン周りの南ルートで行きました。

20150617_00107

↑珍しく捉えることができたキルムーヴの瞬間(^^)v

20150616_00006

↑大事な用ってこれ。お風呂?!
 リバーウッドのスリーピングジャイアントの地下にあります(お風呂mod)

ホワイトランにももちろんありますが、バナードメアに入ると、あるNPCにつかまっちゃうので・・・避けてます(Viljaさんですw)

20150615_00026

↑大事な用その2・・・というかこっちが本物w
 今回の道連れは、ファルクリースの私兵、ラッヤさんです。
 ファルクリースから旅してもらって、リバーウッドで合流です。

 主人公と同じたれ耳じゃないですか~(^^)

20150615_00016

↑途中、ちょっと寄り道をしたりして・・・

 注: 写っていませんが、ドラゴンボーンも一緒です^^

20150615_00017

↑洞窟探検なんかを少々・・・

 世界のノドの南端を回りきるころには日が暮れていました。

20150615_00021

↑あとちょっとでイヴァルステッドというところで、急にPCが重くなったなと思ったら・・・

 !!!なんじゃこりゃ!

 帝国軍の大群(スカイリムではありえない人数w)がReady to Fightな感じでした。

 こっそり横を抜けるとその先には同じぐらいの人数のストームクロークがっ!

 ・・・これはやばい! CTDの予感!・・・w

・・・
・・・

CTDはしなかったんですけど、何かまちがって殺っちゃったのか、衛兵に拘束されて気がついたらリフテンに連れてかれていました(°□°;)ホゲァ!

保釈金払って出してもらって、仕方がないので今日はリフテンで一泊・・・

20150615_00031

↑宿屋、ビーアンドバルブ

 なんかヤバイ人口密度なんですけど・・・w

20150617_00004

↑気を取り直して再出発。
 比較的順調に進んで、昼前にはアイヴァルステッド(イヴァルステッド)に到着しました^^

 世界のノドの麓にある、山間の村ですね。

20150617_00009

↑村にはとくに用がないので、昼食を済ませて七千階段にチャレンジ!

ハイ・フロスガー名で山道が続きます。

20150617_00034

↑途中で雪が降ってきて、ラッヤさんはフードを・・・ずるい!(自分持ってないw)

20150617_00039

↑あたしは魔法使い、魔術障壁があるから寒くなんか・・・寒くなんか・・・

20150617_00041

↑寒いわっっ!!

 (Frostfall+Wet&Cold導入済みw)

 視界霞んで凍死寸前でハイ・フロスガー到着^^;

20150617_00050

↑グレイビアードと初対面(ドヴァキンが)

 (いろいろ中略w)

 イベントをこなして・・・

20150620_00118

↑下山してホワイトランに帰ってきました

 ※Wayshrines of Tamriel というmodのポータルがたまたまあったので、起動したら下山は一瞬でした。ん~、ロア・フレンドリィ~(遠い目でw)

 この角度でみると、ホワイトランはすごい大都市ですね。
 さすが、バルグルーフ首長^^

Wr
↑ちなみに、うちのホワイトラン周辺はこんな感じになっています。
 人気があるのでMod競合ラッシュ地帯ですが、うまく組み合わせると名実ともにスカイリムの中心といえる賑やかさににできます。

20150619_00008

↑そのあと、自宅のあるロリクステッドに戻ってきました。
 次は行った事のない、スカイリム北部に旅してみようかな~・・・

 有名なドラゴンブリッジも見てみたいし、メリ玉、重くて邪魔だし・・・w

それでは~♪

|

« ●第[00回]: Mod Organizerの仕組みを理解しよう (skyrim) | トップページ | ●第[02回]: bsaファイルとlooseファイル (Skyrim) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149701/60302434

この記事へのトラックバック一覧です: ●第[01回]: espのはたらき (Skyrim):

« ●第[00回]: Mod Organizerの仕組みを理解しよう (skyrim) | トップページ | ●第[02回]: bsaファイルとlooseファイル (Skyrim) »