« 2015年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月23日 (金)

●戦いののち平和が訪れ…(天空のクリスタリア)

もひさしぶりです、ゆう@レアなめこ?(=゚ω゚)ノ、です。

生存報告&このブログってどうやって記事書くんだっけ?を思い出すために更新w
文字ばっかですw

Final_header

4年間にわたって楽しませ居ていただいた天空のクリスタリアが、今月末でサービス終了します。売りの美麗カードは、最後までクオリティ維持されていて、ほかのゲームをチラ見する限りでは、やはりこれが一番だったと思います。
終了するのはずいぶん前から分かっていましたが、いよいよ残り1週間となりました。

Final_footer
↑この左の娘がアミリヤ、右がエミリア、生物がマックス・・・だったっけ(。´・ω・)?

いよいよとはいっても、何かに身構える時期はもう終わりました。
最後のイベントが終了して、残りの半月はのんびりです。交換所の更新時間を待っては、余ったメダルで趣味カードを集めたり、ギルド板で雑談したり、とスローに過ごしています。

2_2
↑ゼノ中にSLG作ったにもかかわらず、後半戦の稼ぎでまたこんなにたまっちゃった。。。
どないせいと・・・(∩´﹏`∩)

・・・
・・・

4年も続いたソシャゲは珍しいですよね。中間地点(2年前ぐらい?)で自分なりの課金と時間のかけ方の楽なバランスが大体決まってきて、そこからはギルド運営に本格的に注力していきました。後からならまあ、なんとでも言えるんですけど、もうゲームも終わるし、結果も出たからいいかな~、なんて^^;

あたしは前にも書きましたが、天クリを、ギルドマネジメントのゲームとして楽しませていただきました。(もちろん、カードゲームとしても十分面白かったです)

ギルドの中では大体いろんなイベントの成績でメンバ内9~11位、前半2年からとスタイルを徐々に変えて、強さと成績でメンバーをリードするタイプのマスターからの脱却を図りました。振り返ってみると、これに成功したから、今まで続けてこれたんだと思います。

ギルドではそんなことしゃべったことありませんがw、あたし自身を含めた各メンバーの緩急をうまいことオーバーラップさせて、常に一定以上のパフォーマンスを出すようにメンバー編成し続けた後半戦でした(´艸`*)

・・・
・・・

記録魔でデータ大好きwなあたしなので、ギルドの歩みはしっかり残しています。
ちょうど歴史の教科書に出てくるローマ帝国の年表みたいな感じで^^;

Photo
↑こんな感じの年表がありますw

では、簡単にギルドレコードをまとめておきましょ~。

●基本情報

名 前: レアなめこ?(=゚ω゚)ノ
設 立: 2012年8月

丸4年もの間、一度も分裂せず、合併もせず、助っ人呼ばず(呼んだ人は菌類になってしまいましたw)、その時にいるメンバーだけで工夫しながらやってきました~(*´ω`*)

●最終戦績

◆GGL(グランドギルドリーグ) 全ギルド中 1位

Final_ggl1_2
↑GGLも最終月は激戦でした

・・・
・・・

◆Zeno(ゼノグランドの戦い)  全ギルド中 2位

7
↑みんなで気合を入れて臨んだ最終戦はまさかの隠居ギルド(参戦数0!)
 40分間×24人で、まるでマシーンのように守備兵を殴り続けました。
 手がつりそうでしたw

 今となっては忘れられない思い出ですね^^;

6
↑個人の方は3700万pt・・・マッチング不調の割には、まあまあ稼げた方かな?

・・・
・・・

●その他いろいろ

メンバー数:  4年間延べで91名
平均在籍数: 22名、25人到達した後の最少は17名
元ギルマス: 8名(なぜかうちのギルド、ギルマスホイホイでしたw)

過去から現在までの、全メンバーに感謝!(*≧∪≦)ノ

9fc38f39125ce5f565533c5a3fb198e7
↑甘き勝ちの君・・・もとい、勝ちの君でしたね^^;

・・・
・・・

●新メンバーが来た時に使っていた、ギルドの説明文を残しておきます。

微妙な文言修正は随時行いましたが、内容に関してはギルド設立時から4年間一貫して変わっていません。この考えに共感してくれたメンバー全員が、自主的に引っ張ってくれたため、マスターとしてはとても楽させていただきました。感謝(*≧∪≦)ノ

これからどこかのゲームなどで、マスター張ろうか、と考えてる人いたらご参考に^^

んふんふ(なめこ取扱説明書 ver4.0)

新しい仲間が来たので、なめこのギルドの簡単な紹介をさせていただきますね。 ちょっと堅苦しいところもあるけど、軽く目を通してもらえると助かります(。。) 掲示板やギルド戦については個別に説明があるので、また別に説明します。

クリスタリアはソーシャルゲーム。好む好まないにかかわらず、人とのかかわりが発生します。 ネット上のことなので希薄かもしれないけど、ソーシャルが付いている以上ね。

まず最初に・・なめこの唯一の掟は【多様性の尊重】です。 【相手の態度や遊び方に気に入らないところがあっても、それは自分の心で処理する問題。そういう意味です。難しいけど】 これはマスターであるあたしの考え方でもあるんだけど、いい年こいた男女の集まり、各自それぞれのストーリーを背負って今に至るわけなので、基本的に考え方や性癖は人に言われても変わるもんじゃありません。他人は変わらないし変えられないという事実に基づいて「相手を認めて受け入れる」これが基本理念になります 各自のペースを尊重して楽しくやりましょう。折り合いの悪い相手がいても疎ましく思わない、という、頭では分かっていても気持ちではなかなか割り切れない部分、それを意識してみんな紳士淑女になりましょう・・・一部(多数)hentaiも居るけどw

・・・ 大きなルールは2つだけです。

(1)IN率低い人や、のんびりペースの人を排斥することは、なめこにはありませんし、あってはいけないことだと思っています。なので、 戦力に不安があったり参加が不安定な人は、自分を卑下しない。強い人に乗っかって最低限の努力でゲームを楽しむ。戦力充実してて強い、イベントも頑張る人は、周りに頼られる、乗っかられるという2つ目のゲームも楽しむ。 その結果、得られる範囲で胸張って報酬貰っちゃう。 こんな風に遊んでいただければと思います。

参考までに、現状のギルドのポジションはだいたい、GGLはSランク5位以内、ゼノではギルド5位以内、ほぼ全員SS報酬到達。そこらへんを1年半以上維持しています…維持って言っちゃダメね。維持目的ではなく、ギルドの戦力を冷静に見て無理はしない、落ち着くところに自然に落ち着いている感じです。結果は後から付いてきます。楽しいと思える範囲でみんなで遊んでいます。

(2)2つ目のルールはオープンマインド。互いに言いたいことがあったり、外から何かされたりしたときには素直にみんなに相談しましょ。自分一人で抱え込んだり、何か不満を持ったまま遊ぶのは楽しくありません。 愚痴はあたしがいつでもいくらでも聞きますし、隣の人に漏らしてもらってもOK。 ただし、変に派閥化して他者排斥の仲良し小集団になることだけは避けるように意識してください。マイノリティからみるとそれだけでも暗黙の排斥プレッシャーになります。天クリにかかわらず、ソーシャル崩壊の典型パターンです

多様性の尊重を謳うギルドなので意見の相違は多々あります。そう言うのをバカみたいに正直に表に出してしまって議論できる、なめこはメンバーの喧嘩ぐらいでは崩壊しないところなので安心して言いたいことを言いあいましょ(^^)
それでも言いにくいことは愚痴としてあたしに…以下ループw

そんな感じです。 現実世界で気をつけることと変わらないでしょ?
伊達に3年も安定存続しているギルドなありませんので、楽しんでね。

次に運用面ですが・・・、役職と掲示板の概略を紹介します(詳細省略・・・)

流れる時はものすごい速さになるし、コッソリ過去スレに書き足す人も居るwので、常に数スレ前から目を通すようにしてくださいみんな意外とまじめに(失礼w)仕事や勉強をしているので、静かな時には廃墟のように静まります。 「マジ?このギルド大丈夫かよ?!」と思うほどシーンとすることもあるので、驚かないようにw 集まる時には誰も呼ばなくても 自然とワラワラ群がってなめこ盛り盛りになるので、そのギャップも楽しみながら、自分のペースを見つけてください。 最近は、なかなか昼間の部の都合がつきにくくて、ドキドキしながらGGLやってます^^

なめこにおける役職は、ゲームを有利に進めるための「ツール」という 扱いです。役職は欲しい時に欲しい人が自ら宣言することになっています。そうしたらあたしが 貼り付けます。 欲しい人がバッティングしたら、たがいに相談して当人同士で決めてください。譲るもよし、 拘るもよし。任期なども特にありませんw

基本、マスターはあたし固定ですが、ギルド戦に置いてはそれさえもツールとして みんなで使い回します。傾向としては、GGLはみんな役職なしで行ってます(誰もほしがらないw)、ゼノは、各回で安定して 安定して入れそうな人、ソーマやばくなってきて使いたくない人w、あたりが受け持つことが多いです。ゲームのツールであって、 スキル発動以外の成果(稼ぐptなど)はうるさく言わないので、あまり役職敬遠されないのが特徴ですw

ptめっちゃ稼ぐ人も普通の人もいますが、ノルマはありません。
ノルマなんて言うのは押し付けられるものではなく、自分で設定 するものだ、とお姉ちゃんが言ってました←誰?w ・・・その集積がギルドの成果なので、まあ、3年続いてS1年半維持だから、あながち 悪くもないんじゃないかと思っています^^

繰り返しになりますが、強くない人も自分のやり方でみんなに協力して、堂々と報酬を分けてもらう、上位の人 は自分の成果による恩恵を他のメンバーにどんどん使ってもらう、そんな相互関係です。

あと・・・特徴として、掲示板見てもらったらわかりますが、なめこにはへんてこりんな造語や用語、擬音語が多く出てきます。これは短い文字数で多くのニュアンスを伝えるのと、仲間内の一体感を高める目的でワザと使ってます。大人がまじめにごっこ遊びしてもいいでしょ?、ってw わからない言葉が出てきたら、即聞いてくださいw 気負わずのんびりダラダラ、楽しんでもらえたらいな~と祈っています。 長くなっちゃったけど、言いたいことはこれ↓

んふんふ(これからよろしくねっ!)

83266e0a625e0f12d69a06e387f773d5
↑色合いがきれいでお気に入りの異端審問官アルカネ

・・・
・・・

●戦略タネ明し

戦略なんて一つしかありません。

人数そろえること、以上ですw

すべての戦術はその上で成り立っています。
(なので人数そろわないときにはちょっと苦戦する)

ギルド運営方針が垣間見える記録文書を発掘w↓

どんなゲームでもそうだけど、最上位陣は環境を整えて、テクニックを駆使して、情報を集めて、そのうえで時間と金をかけている・・・そうしてゲーム内地位を得ているものなの。

なので、のんびり遊んでいるけど今のSランク常連ポジにいるのは、かなり特殊で異常な集団だと思われていることを知っておいてね。

ネット歴が浅い子たちの中には、過去のxxxxxやxxxのように、無課金や低燃費であることを大々的に口上して、上位勢から嫌われちゃったりしたところもあるので^^;
沈黙は金也、ですw

あと、テクニックではないけれど、全体的な話として、天クリはβ期間から数えてもうすぐ4年目? 今の復刻ラッシュがどういう位置付けか正直わからないけど、これから新規を多く獲得して収益を上げていく類のゲームではないと思います。

いいかえると、お金も、ゲーム内のプレイヤーリソースも良くて横ばい。
ゲーム内での勢力確保はゼロサムに近くなってきてます。

つまり、新規鋭勢の確保は難しく、ゲーム内での有力者をリソースとして多く確保できたギルドが、結果として上位に君臨する、そんな流れが加速すると思ってます。

前に荒っぽく言った「今と同じプレイ=維持未満=縮小/衰退」というのは、そういった背景から来ていると思ってね^^

まあ要するに、縁故でいい人いたらはよw ってこと(*≧∪≦)ノ

4
↑一度手放したけど、終わりまでに何とか取り戻せました^^

・・・
・・・

●戦術タネ明し

◆んふんふ(GGLについて)

新たな仲間が増えたところで、いきなり明日はギルド戦。本来ならGGLの説明は「ちど」にしてもらうんだけど、彼はいま体調崩してダウン中なので、あたしが簡単に説明します。また詳しくはちどが元気になってから(=°__°)/

んで、GGLは30分の間にどれだけpt稼げるか、が重要で、最後の一瞬に相手より1ptでも上回っていれば勝ちなので、途中の優勢劣勢は気にしなくていいです^^ なめこの一般的な戦い方は、2人一組になって3分ごとにスキル「リカバリー2」を発動して陣地外にいるメンバー全員のpwをフル回復して、自回復と合わせて手数を増やしています。

時計にして、3:00 / 6:00 / 9:00 / 12:00 / 15:10 / 18:00 / 21:00 / 24:00 / 27:00 ですね。

一回体験するとイメージがわきやすいので、まずは思うがままに参加してみてください^^
増やした回復でどんどん陣地に入って守備兵でも敵でもいいから殴る。pwを使い切ったら、順番待ちの仲間が渋滞するのでなるべく早めに出る。意識するのはそれぐらいです。

1人2回リカバリ発動が基本ですが、殴り合うと溜まるので、その場合は予定発動時間の合間を狙ってゲリラリカバリしてください。

あと、中間、終了の間際に、勝ちptを確実にするために、一瞬だけ(相手によって1~3分)射撃を取り入れてます。この間は、通常よりこまめな20秒おきリカバリで瞬間火力を上げます(参加人数で時間は調整)。
多くのギルドがやってきますが、スキル「サポート1/2/3」で持ってきたものを複数発動してpt火力を底上げすることが多いです。なので、一般的なスキル配置はリカバリー2、サポート2、サポート3、となることが多いです。とはいってもこれにとらわれることなく、育成中のスキルがあったらそれを、相手に勝ちにくい場合はブーストスキルやバーサク系を持っていくのも、もちろんアリです。

ちなみに、育成欄を空欄にしておけば、試合はじまって相手確認してからコマンドセットできます(後出しw)
射撃特化ギルドの天空の翼、龍翔鳳舞、に対してはサポ多め、非射撃の強豪ギルドに対してはブースト系、と使い分けるといいと思います。

試合前までに下のスレにあるように、軽く出席把握して、だれか手の空いている人が2人一組(バディと呼ばれてますw)を作っていきますので、試合中にはその時間になったらリカバリー2を発動する。そんな感じです。いろいろ書くより、まずはやってみましょ~、ですね(=^__^)/

まだデッキが育ち切っていないメンバーは、相手の称号見て尻込みしちゃうかもしれません。そういう場合は守備兵でも射撃でも、貫ける相手を探してみるのも・・・自分のできることをいろいろ試行錯誤してもらえれば、それで充分です。貢献度でリスペクトされることはありますが、その差によって差別されることはマッタクありませんので、楽しみながら自力でもおこぼれでも報酬もらっちゃいましょ~(=°__°)/♪

Ec171495a60921229bdf6a5398d11f0e
↑幻獣姫コラボの九尾の狐
九尾は初期から数えて、かなり多くのカードが出ましたね~^^

・・・
・・・

◆んふんふ(GGLについて[補足])

GGLでの射撃などは賛否両論ありますが、勝利時にもらえるptボーナスを考慮すると、1~2名の中堅どころが試合にフル参戦したかしないかぐらいの大きな差になります。みんなの時間の都合もあって、全員参加というのは難しいので、それを取れるのであればむしろガッツリと取りに行く。そういう観点で行っています。ここら辺に来るとみんな意外と達観して、GGLを『制限時間内に回復ptを陣地ptにいかに効率よく変換するかゲーム』とみなしていますwので、ただただロジカルに殴る蹴る射撃をやってるわけです。ソシャゲの世界は「相対的」なものなので、上位だろうが上から目線で余裕かますのではなく、できることは何でも取り入れていかないと、簡単に置いていかれちゃうのでね(^_^;)

あたしの手の長さはギルメンまで、長くても少しの戦友まで…なので、それ以上外側の人たちの幸せはどうでもいいです←悪w ・・・もちろん、自ら戦いにいったりはしないし基本仲良しだけどね。線を引くといったらその辺りになる、ってスタンスです(^^)

多様性を尊重するギルドなので、この考え方に真っ向反対の人もぜんぜんOK! ギルド内で遠慮なく話し合ってみんなで方向決めていったらいいですし、今までもそうしてきているので、若い年寄り関係なく、どんどん言いたいこと言ってね(=°_°)/

時々、酷薄な振る舞いや、マジかよ~!って所業w、を提案することもあるので、あたしの簡単な判断ロジックを新年早々書いときました~w(=°__°)/うぱ♪

12de1cdda8fb477841f688f82ea8ea48
↑これも幻獣姫コラボ。ガブリエル

・・・
・・・

◆んふんふ(GGLについて[補足2])

どうしても勝てなさそうな相手に対峙するときのパターン(模索中)

基本的考え方:負けは気にせず、みんなで可能な限りptを稼ぐ。追い出しの速い相手の場合は、リカバリ担当が『陣地を指定』し、みんなでソコにまとまって入る。とにかく上からでも何でもいいから殴って相手を追い出す。出来れば相手を追い出したのち、1陣地で守備兵殴りまくる(安定して稼げる)

負け確定の時は最後の射撃はしない(他2陣地は真っ赤で相手も射撃では稼げなくすることができるので)。そしてあわよくば1陣地ブレーク。

気を付けるのは、その時その時のリカバリー担当が、『相手の少ない陣地』を指定する。『先に言った人の指示に従う』、『個別に判断しない』、『陣地の入り待ちになったら、空いたときに指示陣地に入る(勝ってても)』 (あとこれプラスかな↓)

『纏まってはいる陣地がもし真っ青になったら、次のリカバリ担当の指示までは自由w』 

…こんな感じかしら?

これはあくまでも【負け確定戦で、なるべく仲間が追い出されずに、ギルド全体で少しでも多くのpt稼ぐための申し合わせ】だからね~(=°__°)/♪

あと、負け確定の判断は、仮に12分時点としておきましょうか? その時のリカ担当が宣言。2人バディのうち、先の発言優先。間違ってもあとで恨みっこなしw こんな感じでいい?

3
↑ミナークシー。今回のゼノグランド中に作ったカードその1

・・・
・・・

◆んふんふ(ゼノ動き方)

基本

(A)その場で全体俯瞰ができる状態のメンバーが、陣地状況を伝える
(B)重要陣地移動と役職スキル発動の指示には従う(チャット見る癖をつける)
(C)それ以外の行動は、すべて各自自己判断(個人スキル・連撃使用・攪乱・射撃)

(D)最初に応援200、射撃(コンボ)100まで積んでおいてから陣地入り

◇勢力優勢時

①発動に乗じて1陣地に集中。点差をつける。
相手がA中位なら50万pt差が目安。A上位~Sラン等もっと強い相手の場合は80~100万pt以上差をつけるのが望ましい。

②点差がついたら、その陣地からはさっと抜ける(これすごく重要)相手が居座って稼ごうとしても無視。次の陣地に誘導をかける

③次の陣地にまとまって入って、同じように点差をつける。
稼ぎたい相手が、こちらの陣地に来ざるを得ない状況を常に作る
(他行っても守備兵しかいない、みたいな感じ)

※1発動で2陣地ゲット(点差つけ)が理想。

④終盤までに4陣地以上の優勢を確保し、最終陣地で殴り合う(理想的シナリオ)
ただしパーフェクトを狙うあまり、2陣地以上を危うい状態に曝さないようにする。
最悪、最後の相手の連撃を、どこか1陣地献上の形でしのいで、3-2優勢勝ちを狙う。

①②③超重要ヽ(ʘʘʘ)ノ基本、相手に陣地に来てもらってそこで稼ぎます。移動が遅れると詰められるので速やかに♪
私もたまにブモリすぎて出遅れますが。。。ゴミン(◜⌓◝ )

◇勢力劣勢時

パフェ阻止できるならそれを狙うが、その場で相談して決めるw
最後にスキル撃ち合わないで、30~35分ぐらいで少し早めに使い切って早期撤退も可
(これもその場で相談して決める)

5
↑ジ・エンプレス。今回のゼノグランド中に作ったカードその2

・・・
・・・

◇ゼノその他1

20枚フルSレジェで殴り合う人には意味のない話だけど。。。松茸(省エネ)防止について。

省エネは基本、メイン攻撃デッキPW70で来るので、あと一か所守れたら防止できるという単純な話です。

メイン防御デッキには、PW70の攻撃では絶対破られない&ボーナスつくように数値だけは大きいカードを集める。そして仲間の2人目か3人目のデッキに、本命のガッチガチ防御を持ってくる。そして時々順序を2⇔3で入れ替えれば、中堅どころor同格には抜かれにくいデッキが作れます。って、みんな既にやってるかなw

2、3は青と赤がおススメ。理由は崩れ潰しの青赤赤でそのまま処理できないから。

そのうち敬遠されて殴られなくなるから、逆にSP自力で溜めないとならないんだけどね~(*´з`)

Bbd4692d09105dae7d4c7bf48c440b3c
↑ヘルブレア。2~3進化のほうが良い感じでした。

・・・
・・・

◇ゼノその他2

天クリ全般に言えるのは、何かボタンを押してサーバに送信した時点で処理がされるので、その後のアニメーションを見る必要は全くなかったりします。そこで重要になってくるのが「Back」&「ReLoad」。
何か行動を起こすボタンを押して、画面が暗転(結果アニメーション表示の準備)たら、すぐに「Back」して「Reload」すれば、すぐ次の行動に移れます。

これらの操作をスマホで行なうのはちょっと大変かな? 機能ボタン配置のいいブラウザや、ゼスチャー認識が便利ね。ちなみにあたしはiPhoneではMercuryというブラウザの全画面表示で、2本指スワイプで「Back」、2本指画面タップで「ReLoad」に設定してます。まあ、PCの方がよっぽど早いけど、なにもしないよりはマシね。

 

ゼノではよくブクマといわれるけど…陣地入りして相手に攻撃できる(攻撃ボタンが表示されている)状態で、ブラウザのブックマークに登録。攻撃ボタン→ソーマ指定→ブクマ呼び出し、のループで高速攻撃できます(ソーマ消費注意w)

相手が逃げたりしたら、ブクマ呼び出しても相手選択画面になるだけなので、ロスは少ないし、自分のIN陣地さえ合わせれば、一度登録したブクマは陣地が変わっても有効なので、大量IN陣地などで相手を重い中から選ぶ必要が全く無くなります。
これと省エネデッキの併用が、高獲得ptの基本ですね。あとはパーティの色合わせのために別ウインドウ開くとか、チャットや戦況見るために別ウィンドウとか、とにかく、あらゆる面でPCに軍配が上がります。はっきり言って天クリはもはや、スマホゲーじゃない、ブラウザゲーだという認識を持った方がイイです。

・・・う~ん、こうやってみると、結構いろいろ仲間と情報共有してたんですねww

Fdc6c398dfac5d6db96f0353882994a8
↑銀狐・・・これも妖狐の類ですね。2進がよかった^^

・・・
・・・

と、いうわけで、書いてるときりがなくなるいつもの悪い癖が出だしてきたところで、とりあえず、今日はもう寝ます~

あ、大事なことを書き忘れてた。。。

・・・
・・・

クリスタリア上で関わったことのあるすべてのプレーヤーの皆さま、

そしてかけがえのないギルメンのみんな、

ありがとうございました。感謝しています(*≧∪≦)ノ

9206
まだちょっと時間あるけど、アインクラッドが消滅する瞬間まで(?)、楽しんでいきましょ~

それでは~(*゚▽゚)ノ んふんふ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2016年10月 »