SC4キャラ固有(マキシ・ユンスン)

2011年5月 9日 (月)

●ジードのパンツは白かった?!!! (ソウルキャリバー4、動画、その他)

「うわなんて凶悪な人相だ こいつはきっととんでもねぇ大悪党だ!! 生きているといかん 息の根をとめておこう」

とても一般人のセリフとは思えませんね。世紀末こえ~。
そして北斗の拳おもしれ~w

連休中に家事そっちのけでマンガを大人読みしてました、ゆうです。

とうとう休みも終わってしまいましたが、皆さん休みを満喫されましたか?
潮干狩りの貝、ボンゴレ・ロッソのパスタにソースにして食べましたが、なかなかおいしかったです^^

ゲームはそんなにできなかったけど、ほとんど毎日仕事三昧だったダンナよりはまだましかな?w キャリバーもちょこっとだけ対戦したりできました^^。

Photo

画像は関係ありません。なんとなく賑やかしに貼り付けてみただけです^^;

さて、前回のマキシネタの記事に、谷底さんが33Kいいよ~って、気になるコメントをくれたので、ちょっと調べてみました。

マキシの33K

・・・え~っと、発生19Fの中段で、カウンターで吹っ飛び、ヒット+5、ガード-6
構え移行はなし

ガード-6と聞いて、どこかで何か読んだような気がして引っかかってたんですけど、最近練習している雪華の、A+Bで反撃を刈るのにちょうどいいタイミング(5~11F)でした。
マキシでも何かできないかな~と思って8wayrunの表をを眺めていると・・・おッ・・・あるじゃぁないですか(^^b) 5~13Fのしゃがみステータスを持った6A+Bが。

マキシの6A+B

・・・発生18Fの上段で、ヒット以上で吹っ飛び、ガード-6
玉衝に移行


33Kは展開速いし、セットプレーで6A+B組み合わせると結果でそう・・・ということで、お誘いも受けていたし、さっそく谷底さんに提案して遊んでみました^^。

やばい・・・これ面白い・・・w

-6Fからの上段回避反撃というと、ティラちゃんのAAガードさせて22K(6~20Fのしゃがみ)なんかはリングアウト狙うときのネタとして知っていましたが、あくまでも単発ネタ。マキシのほうは派生のさせ方でいろいろな攻めができて、広がりがありますね~。

たぶんキャラによる回避方法の差とかはあるんだろうケド、練習後の谷底さんのUST配信見ていたら、実戦でもかなり結果を出していました。

せっかくなので、この記事用に動画を作ってみました。連休最後の1時間ぐらいで作ったものなので、アノテーション少な目の手抜きで、なんか荒がいろいろありそうですが、雰囲気は伝わるかな?^^。

それでは。。ヒャッハッハッ水だーっ!! 。。。どうぞ。
・・・あれ? なんか変な声が混じった??

いかがでしたでしょうか?
練習風景のなかから、なかなか良かった数試合を選んでみました。
後半部分は派生の紹介です。

でも一番重要なのは、ジードのパンツの色です!

Photo_2

ヒャッハー! 食らいやがれー!

・・・

・・・

・・・

さあ、明日から仕事に家事、またがんばろ~っと ~(°°~
もう明日だけど・・・

それでは~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

●ワカラン殺しはマキシの証? (ソウルキャリバー4、動画、その他)

こんばんわ~。
きゃふんでぱながむじゅむじゅちてタマラン感じのゆうです(=。。= )

薬飲むと眠くなっちゃうので、無しでがんばってるんですけど、鼻の中焼いたり、注射打つのはいやなので、飲んだほうがいいのかな・・・(>_< )?

さて、今回もマキシネタです。

Stickbauncer0_2

↑なかなかりりしいワンシーンw

そもそもあたしがマキシを始めたのは、キャリバー初めて間もないころ、野良で出会った有名なホモ教官さん(w)に分からんままやられちゃって、「これは少しでも触ってみないとマッタクどうにもならないわ」と思ったからだったりします。

対策のためにちょっと使ってみて、そしたらその面白さに取り付かれて使うようになっていたという。。。w きっとそういう人、ほかにもいるんじゃないかと思います^^

ちなみに、あたしの知っている近い人だと、谷底さんミストさんがマキシ使いますね。
惇兄もメインじゃないけどかなり動かします。

マキシは使う人によっていろいろ特長でますけど、あたしは彼らからいろいろ盗ませてもらいました。

「むう! その技はトキ!」

「なに!? きさまシュウの脚を!」

「やつの後ろに強敵(とも)が見える。これが北斗神拳伝承者か!!」

・・・みたいになるといいですね。でもまだ夢想転生どころか七星転生もマトモに使いこなせませんww

Stickbauncer2_2

↑ちょっと北斗の拳っぽい?w

さて、冗談はさておき、攻めていないと死んじゃう派のあたしは、がんがん飛び込んで暴れて、いつでもマイターンしたいクチです。マキシってアツイキャラだもんね。

でも気がつくと、1B、2A、3Kなんかに頼っちゃって、ぜんぜんマキシらしくない戦い方になっちゃってるんですよね。もっと縦横無尽に暴れまわりたいぃぃ・・・
とはいっても、構えからの技を分からんうちに食らいまくってもらえる古き良き時代はもう終わりを告げ、最近は構えから下手な技なんか出したら格好の餌食にされちゃう時代です。
派生をコントロールするだけじゃなく、知っている人をも幻惑し、もしくはかわせない攻め方をしていかないと勝てません。

今回は、ちょっとマキシらしい動きを取り戻そうという練習を兼ねて、特徴的な動きをいくつかムービーにしてみました。

こうやって見ると、かなりいっぱい受身刈りあるし、ループ性の高い攻めルートもあるもんですね~

Stickbauncer1_2

↑スカートひらひらカッコイイねw

やっぱマキシ面白いや^^/
さ、2A練習しよっ・・・あれ?w

それでは~♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

●七閃架裏破手?(ソウルキャリバー4、動画、その他)

え~と・・・なんて読むんでしょうね?w

こんばんわ。ヌンチャクブンブン、ゆうです。
最近またちょこっとキャリバー触っています。相変わらずよわっちいですけど^^;
せっかく買ったゲーム(2年前だけど)なので、いろんなキャラ使えるようになりたいな、ってことで、最近またキャラ増やしをしています。

使ってみると、いろんな技とか立ち回りがあったりして、それぞれ魅力があってどのキャラも捨てがたいです。あ、ヨーダ・・・うん、テメーだけはダメだ。

・技が頭に入って途端に面白くなってきたお○さんw

・CPU相手ぐらいなら傘ピッカンと活殺が出るようになって、人気急上昇中のお○さんw

・6AAA(CH)からしゃがみ投げで拾うとドーパミン大放出のカサw

この3人あたりが最近のお気に入りです。
あとはやっぱり、ヌンチャク、かな?

Maxi

マキシ面白いよね、マキシ。

キャラ増やすのも楽しいけど、新しいの覚えた側から昔の忘れていってしまう鳥アタマなあたしのマキシはしょんぼりマキシ。ヌンチャクLvが落ちてます。

ちゃんと動かさないと、ただの「止まんない暴れw」にしか見えないし、それだと動かしている、というより動かされている感じがしちゃって、残念感が漂ってしまう難しいキャラなんですよね~(°°~;

ちなみに・・・、

最初のうちは 「技わかんない!!」、

ちょっと慣れてくると 「派生オモシレ~!」、

もうちょっと慣れてくると 「派生とまんね~!」、

対戦してると 「4BBKなんて誰も食らってくれないじゃん!」

対戦してると 「それどころか派生ぜんぜん通用しねぇじゃん!」

トレモ篭って 「七星転生なかなかイイね!」

対戦してると 「1段止めとか使ってると、派生を支配してるみたいであたしカコイイ!」

対戦してると 「技おせぇよ! 間に合わないし打ち負けるじゃん!」

対戦してると 「頼りになるぅ~・・・2A,1B,3K、イイ!」

対戦してると 「単発ばっかじゃん、イクナイ!」

トレモ篭って 「こんなに受身刈りあるのか~!」


今ココw ってな感じです^^

ちなみに、ユンスンと同じで、元々暴れるの大好きでこのキャラ選んだくちwなので、押し付けが多めです。中間距離からスカ確狙って差し込むようなクレバーな戦い方はできません。慎重という単語はスペインにはないんです(ウソ)。自分が弾丸です。「この線から一歩でも引いたら我を射よ!」ですwww

特に劣化がひどいマキシをもうちょっとマシにしようということで、最近また時々遊んでくださる惇兄に練習させてもらいました。あとあまり戦ったことのないエイミ対策も。

いつの間にか22キャラも使えるようになってるんですよ、あのお兄さん。
ど~なってるの??www

見直してみるといつもほどの勢いがないけど、まあ、リハビリ中ってことで・・・
たいていはボコボコにされるのはお約束wなんだけど、そこそこ見ごたえのありそうなのを選んでみました^^

どうでしょ。少しはマシな動きになってきたかな~??

それでは~♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

●肩の力をぬきましょ~?(しょ~もない日記、ゲームその他)

こんばんわ。

なんとなく結婚生活のサイクルが回り始めたゆうですw
我が家のだんなさまはテレビ見るの大、大、だ~いすき、なので、夕食後のゴールデンタイム~深夜は楽しくご覧になって居られますw 一方のあたしはテレビはまったくといってよいほど見ない人なので、この夕食後の時間は・・・にひひ。

かみ合ってますね~、こういうの夫婦って言うんでしょうね~

・・・もちろん、ゲームタ~イム!www

あ、ばくはつすればいいのに、とか言わないようにw

・・・のはずなんですけど、最近なんかゲーム倦怠期・・・w

これといって何かすごくゲームやりたい~≧∇≦ って気持ちがわきあがってこない。なんか箱は立ち上げるけどチャットしてて終わっちゃたりしてw

2年越しで頑張ってきた仕事の大プロジェクトも一段落して、夏までは流しモードだし・・・。仕事が忙しいほうが、なんとかひねり出した時間でゲームしちゃるんだッ!ってガッツも出てくる感じですね~・・・損な性分だwww これって、5月病??(もう6月ですが)

まあ、そういう時期も貴重だよね、ということで、他のハードのつまみ食いをしたり、PCで入手した面白いソフト(ゲームじゃないっす)をさわってみたりと、ゲームのスローライフを送っております^^

さて・・・突然ですが、間違い探し・・・分かりますか??

Nightmare

どうかな? 次の画像だったら間違えようないですよね。

Sophitira2

Sophitira

おお! なんじゃこりゃw

あたしがお留守気味のXbox360ですが、最近だんなと”そ奴”が結託して、なにやらよからぬことをしているようですw
・・・BANされない程度にしといてよ、と釘はさしていますが、2台あるからいいじゃん・・・って、どっちもあたしのだいッ!

・・・この前、成果を見せてくれたので、飛びついてプレイしちゃいましたwww

なんか新鮮w

そういえば・・・ずいぶん前ですが、ちょこっとキャリバーで対戦したあと、しょーじさんとチャットしていて、ふと、最近キャリバー記事からなんとなく離れていた理由が分かりました。
・・・って、これを書いている現在ではもう元通りなわけですがw

モチベが下がったとかではなく、でも引退するでもなく、緩やかにエンジョイ勢に移行しているようなニュアンスのことをしょーじさん言ってました。まあ、あれだけ強いとエンジョイでも手に負えないわけですがw

あたしもなんだか最近キャリバーに、アンニュイな気分(どんなのよw)を感じていました。もちろんセイクリッドに中毒していたというのもありますが、キャリバーやるときはよくよく考えてみると、いつも誰か知り合いの部屋開いてないかな~って、Liveにプレマ部屋探しに行っちゃうんですよね。癖になってましたw ゲームには他のメニューもいろいろあるのに

ちょっと振り返ってみると、元々対人戦なんてやったことのなかったあたしは、殆どCPU戦オンリーでした。あんまりキャラを突き詰めるでもなく、ガチャプレーで。いろんなキャラをとっかえひっかえでw ・・・でも、それでも楽しかったです。
キャラクリも、対人戦も、CPU戦も、タワーも(これしんどいけどw)、そして上の動画のようないたずらもw・・・楽しめていればそれがその人にとっては正しい遊び方。

対戦ゲームだからといって、ゲームの遊び方を対人、自キャラは固定、のように狭めてしまう必要はないんですよね。楽しむためのものですから。
・・・この前作ったチャージキャンセルのコンボムービーや、今回みたいなジョークなど、いろいろな遊び方に触れながら、改めてこのゲームの楽しさを認識することができました。

どうやらあたしは自分で自分の遊び方を狭めてしまっていたようです^^;

・・・でも、いろんな遊び方をしてるとそのうちまた対戦がしたくなってくる・・・んで、強い人にめっこめこにされて対人戦の面白さを再認識・・・やる気回復・・・ループw・・・不思議なゲームですね~w

特に先日、うちの聖帝様・・じゃなかった、軍師さま・・・じゃなかった。今はニセご隠居だっけ??ww のクレスターさんに遊んでいただいたときは楽しかったです。本人は学ぶとこなんかないよ~と言っていましたが、相手の基本的な技や連携を知っているうえでの行動・・・位置取り、技の選択、誘い、攻めてる時でも緩急つけて仕込んでくる間の置き方、など、どれをとっても高級料理でした。ごちそうさまっwww

(忘れないようにメモ):

・ミナに対する時計回りと、ティラに対する反時計回りはお互いの弱点をカバーする向きなので、相手が横に動くときは注意しないと・・・

・ちょっとまて、その最速反撃は誘いじゃないのか??

・と躊躇するのではなく、微有利は微有利なので、相手のタイミングをずらす技を選ぼう

・リング際ナナメ位置で、横転スペース刈り取られてるときは、ゲージ2本の量を考えて食らうかガードするかを決めないと酷い目にあう(あったw)

・クレミナは別のゲージを見て戦っているwww

こういうことを考え出したら・・・モチベ復活っていうのかしら(°°?

基本、実戦経験が少なく、出現率も低いメタルスライムなあたしは、あまり知らんキャラに当たったら毒針よろしく処理されちゃいます。それでもだいたい対策できているキャラもいるので、そういうのと当たった時には善戦できるよう、心がけています。

※(今はさすがにないけど、たとえばキリクの66AA、22/88AA、6A+Bだけに負けるとかw)

キャリバーにはキリクやドラちゃん、ラファエルやジークなど、まだまだ使ってみたいキャラがたくさんいるので、楽しみながらやっていけたらと思います。

ちなみに、今まで触ってきたキャラは・・・

・ティラちゃん(今でも一番触っていて楽しいし手になじむ^^)

・マキシ(このキャラの弱いところが分かってきたあたりから楽しくなってきたw)

・ユンスン(豪快に攻め続ける楽しさは一番かな?)

・御剣(もう、しょーじさん、テンソンさんに魅せられて ※最近動き忘れてリセットw)

・シャンファ(動きの軽さと多彩な変化技が触っていて楽しいです)

・アイビ(たけのことか釣りとか、他のキャラにはない面白さ)

ってあたりです。雑食ですね~

気が向いたときにはまたネタを仕込んで、谷底部屋周辺の人たちやフレをランダムに襲撃すると思いますので、よろしく~w(ほぼ返り討ちですがw)

あ、そういうときにはキャラは固定めで、もちろん正規のデータでやりますのでご安心をwww

それでは~♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

●ゆうスン出没中 (奴の名はパイル)

サブタイトル:

●SC4対戦動画など(第3回ぽいもの)w

こんばんわ~。
引いた風邪がなかなか治らないゆうです・・・(*´゚ω゚):;*.':; ぐじゅぺ・・

このようなブログを書いている関係上、がっつりキャリバー人に見られがちですが、今日の時点(2/3~4)で今年に入ってから対戦したのは3,4回ぐらい・・・やることがいっぱいあってなかなか時間が取れないありさまです。

箱のステータスが「取り込み中」のときは素材集めやPCで作業していることが多く、「退席中」のときは別ハードで遊んでいるかホントにいないかのどっちかが多いです。メッセは定期的にチェックしているので、音信不通になることはないと思いますw 気軽に送ってくださいね。

さて、今回はちょっぴり内輪ネタです。

--------

アフロ連合は今年早々、あわただしくなっていた。
西方に隣接する梁山泊の国境の森深く、古代王朝の陵墓が発見されたのだ。

アフロ大帝:「ゆうスン、梁山泊の連中よりも早く、あの陵墓を押さえるのだ。
        朕はあそこのお宝がホスィ~~~~~のじゃ」

ゆうスン:「・・・・・・・ι」

アフロ大帝:「聞こえなかったのか? ホスィ~~~~~のじゃ
        
 ア! イタタタ! なにをする?!」

ゆうスン:「豆まき^^ 帝に巣食う鬼を祓って見せましょう」

アフロ大帝:「イタイイタイ・・・ あ、でも、ホスィ~~~~~」

ゆうスン:「Mかよ・・・?
       じゃなくって、大帝様。お言葉ですがあそこはすでに
      梁山泊領内です。領土侵犯はマズくありませんか?
      頭領とか人斬りとか来ちゃうかも、コワイィ>_< 」

アフロ大帝:「案ずるな、おまえはもう1Aは飛べるはずぞ。
        谷底部屋のララ・クロフトとも呼ばれた盗掘師が、怖気づいたのか?」

ゆうスン:「やだなぁ、盗掘師なんて。・・・トレジャーハンターって言って下さい」

アフロ大帝:「やる気出てきたようだな。今回は助っ人をつけてやる。
        先の対戦で我等と共に戦ったロック族Mの会の若き士族長、
        鉄節とパーティーを組んでことに当るがよい」

ゆうスン:「わぁ! それは心強い。鉄砲玉のパイルさんですね!」

アフロ大帝:「誰だそれは? 朕が言ったのはMの会の・・・」

鉄節さんが通りかかる・・・

ゆうスン:「あ! パイルさ~ん」

アフロ大帝:「無視かよ・・・」

というわけで、Mの会の士族長パイルとパーティを組んだゆうスンは、古代の陵墓を探索するクエストを開始した。あ、パイルさん=鉄節さんねw

・・・国境を越えた森の奥深く、その遺跡は時に忘れられたように佇んでいた。
誰か出入りしたのだろうか? 陵墓の入り口はまるで手招きをしているかのように、ぽっかりと口をあけていた。

ゆうスン:「入口空いてるわね・・・」

パイル:「バング、ワルイ、ヨカン(訳:ヤナ感ジダゼ・・・)」

ゆうスン:「行ってみましょ」

そういって入口の階段に足をかけた瞬間、視界の端を影が横切った。
次の瞬間、ガスのようなものが噴き出した!

パイル:「バングー!(訳:アブナイッ!)」

あたしは急いで口をふさいだが遅かった。毒?! ・・・何かちょっと違うようだ。

ゆうスン:「ゲホッ、ゴホッツ・・・?!」

パイルがあたしを抱え起こすと、陵墓の影から片手にヌンチャク、もう片手に鎌を持った男が出てきた。

謎の男:「ここにたどり着くとはな。」

ゆうスン:「ゲホッ・・・ヘ、ヘンタイ?!」

パイル:「ウヌ、ヘンタイ!?(訳:オ前、何者ダ?)」

謎の男:「しつれいね。まあいい。同士打をしてもらおうち」

ゆうスン:「こういうボケをかますのはまさか・・・ゲホッ」

謎の男:「1Aは飛べるようだが、2A+Kは飛べまい。」

男が言うと、あたしの意識がすっ飛んだ。
後で聞いたら目が赤く光っていたらしいわ。どうやらガスで操られていたみたいね。

パイル:「バッ、バングー!(訳:チョッ、・・マテ。オレハ味方ダ!)」

声は届いていなかった。味方のはずのあたしが乱心して斬りかかったので、士族長は、仕方なく巨大なメイスを振りかぶって襲いかかってきた、じゃなくて身を守ったw。

・・・というわけで前置き長いですがw、今回は日ごろお世話になっている谷底部屋のフレ紹介シリーズ第3段を兼ねて、鉄節さんに登場していただきましょう^^

●鉄節(てつぶし)さん

じっとしていられない質な彼は、どんなゲームでも走り回ります。そんなてつぶしさんは、谷底部屋の切り込み隊長的な役割です。斬馬党北部方面軍を一人で壊滅させたこともありましたね~。

同じ切り込み隊長と言っても、しょーじさんが敵陣を切り裂くといったイメージなのに対し、てつぶしさんは突貫するといったイメージですねw

巷では鉄砲玉とかパイルとかパイルとかパイルとかパイルって呼ばれていますが、その名の通り、大きさに関わらずとんがった鋼鉄の杭を撃ち出したり突き刺したりするのが大好きです。フライトSTGだったらA-10のアヴェンジャー、クロムハウンズだったらお馴染みパイルバンカー、キャリバーだったらロック・・・とんがった釘のついたメイスありますねw

あだ名が2つあるのも紛らわしいので(本人もあきらめかけているので)、もうパイルさんって呼んであげてください(^_^; あ、忘れちゃいけない敬称はミスターでもムッシュでもなく、ドイツ風に「ヘル」で。ここ重要です。なので「ヘル・パイル」

座右の銘は、

「わりゃあ、なにいちびってんねん! こちとら端から命捨てとるんじゃぁ!
 オレが死ぬ時はお前も道連れじゃぁ!」

「おじちゃん、こう見えても強いんだ・・・」

ハイ、二重人格ですねw

プレイスタイルは
「えっ!? キャリバーって、どっちが先に5回投げるかを
                  競うゲームじゃないんですか? イヒ」

だそうです。

マスターふんどしに共感しながらも、胸毛と褌で迷っている、シャイな心の持ち主でもあります。あれ?日本語おかしい?ま、いっかww
じゃなくって、いろいろなところに細かく気配りをしてくれる、ムードメーカーさんだな、と思います。

(ゆうのプレイ寸評)

・制圧前進あるのみ! 開幕前ダッシュとかもしちゃうよ!
・踏みます、投げます、覆いかぶさります、尻餅だってしちゃうんだから!
・ロック使いだけあって、起き攻めがうまいです。
 相手の起き方の傾向をちゃんと見て変えてきます。
・勝ち負けにこだわらず勝負を楽しんでる、ように見えます^^

エンコード情報:
H.264(480x270x29.97fps-1Mbps) + AAC(44.1kHz-96kbps)
→ zoome(再エンコードなし)

エンコード情報(同じ動画です):
DivX6.8.5(480x270x20.00fps-1280kbps) + 4bitADPCM(44.1kHz-2ch)
→ @nifty(再エンコードあり)

投げ抜けじゃんけんみたいですが、前よりは随分と抜けられるようになりました。
こっちから仕掛けるときは、もっと下段をばらまいても良かったかもしれませんね。

課題のほうももかなり明確に・・・

・2A+Kはいい加減もうそろそろ反応しないとダメですねぇ・・・(;一_一)
 対戦しながらも、反応できてない自分にちょっとBooooでしたw
・2B+Kにも付き合いすぎちゃっている気がしました。
 ガードすると投げor3Bになるし、かわせるのが一番いいんですけど、
 ダウン投げ優先で来そうな気がして、いざ出されたときになかなか
 うまく反応できませんね~。
・ダウン投げを絡めたn択は、トレモじゃ練習できないですし、これ
 ばっかは繰り返し経験するしかないですね~(^_^;

というわけで、対戦ありがとうございました~
ジーク・パイル!

--------

・・・激しくパイルさんとドつき合った後、ゆうスンは正気を取り戻した。

ゆうスン:「あいたた・・・あたし、何してたんだろ・・・?」

パイル:「オレラ、ナグリアイ・・・ウヌ、ショウキ?
      (訳:ガスをカガサレテ、操ラレテイタヨウダ)」

ゆうスン:「 !! ・・・あの男あんなところに!」

謎の男は陵墓の奥に、姿を消そうとしていた。

ゆうスン:「追わなくっちゃ!」

次回に続く・・・のか?(^_^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

●ゆうスン出没中 (1Aを飛べ!)

こんにちわ~

正月休みもあとちょっとになってしまいました。そろそろ日常モードに切り替えていかないとならないと思って、ちょっぴりブルーなゆうです。

休みの間にやろうと思っていたことを欲張りすぎて、半分もできていないです。・・・まあ、あちこち散漫に手を出しても、あまりいい結果にはならなさそうなので、何か一つに絞ってじっくりやってみようと思います。

・・・あ、大したことではないですよ。部屋を片付けるとか、模様替えするとか、いらないメディアを整理するとか、積みゲー一個クリアするとか、どこどこに出かけるとか・・・そんな些細なことから取り掛かっていこうかと・・・

さて、場所は変わってアフロ連合にも新年が訪れました・・・

(御前の間にて)

黒ゆう:「大帝様、つつがなく新年を迎えられたご様子。お目出たく存じます」

アフロ大帝:「うむ、くるしゅうない。ちこう寄れ・・・」

黒ゆう:(なになに、お年玉もらえるの? ラッキ~♪)

アフロ大帝:「ちょっと跳んでみよ」

黒ゆう:「はい~?」

アフロ大帝:「いいから跳んでみろ」

黒ゆう:「は、はぁ」 (ピョ~ン・・・)

アフロ大帝:「ジャラジャラいってるな、お年玉持ってるだろ、出せよ」

黒ゆう:「どこのカツアゲだよ! (゚Д゚;)σオィ 」

・・・大帝の戯れはどんどんエスカレートしていきます。こういうのを暴君って言うんですよね~www

というわけで、去年のうちに書いていたこの記事をアンロックして、今年最初のエントリをお届けいたします。内容は、え~っと・・・かなり前に書いたから忘れかけてるなぁ・・・、あ、そうそう、この前テンソンさんと遊んだときの映像から、ユンスン部分をピックアップしての紹介です。今までよりもかなり動きはマシになってきたかな・・・?

前回の記事でオンの1Aのことについて書きましたが、動画を見ていただくと分かるように、お互い1Aを(ユンスンのは1B)、跳んだりしています。明らかに読みのモノ、見てからのもの、成功と失敗が入り混じっていますので、なんとなく1Aが見えるというのがどういうことか、参考になるんじゃないかと思います。

動画は、同じ内容のモノをエンコードを変えて載せています(zoomeと@nifty)

エンコード情報:
H.264(480x270x29.97fps-1Mbps) + AAC(44.1kHz-96kbps)
→ zoome(再エンコードなし)

エンコード情報:
DivX6.8.5(480x270x20.00fps-1280kbps) + 4bitADPCM(44.1kHz-2ch)
→ @nifty(再エンコードあり)

ちなみに、あたしは2試合目で1Aを2回飛んでいますが、

1回目:見てから反応。
     初動見て7Fくらいで反応して、ジャンステ発生16Fで飛んで回避

2回目:入れ込みで反応。
     BB食らい後なので、そのままG8で飛んで回避

となっています。もちろん、自分ではまだ思うように1Aをコントロールできないですよw

目と体を使う技術の上達は、スポーツと同じで、次のように

①反応の獲得 ・・・ 何とか反応しようと努力する

   ↓

②反射による行動 ・・・ "反射的に"1Aに反応したり読んだりする

   ↓

③再統合 ・・・ 反応と読みをもとに、"自分で"最適な動きを選択する

となっていて、順序としては①→②→③と上達していくのですが、あたしはようやく②に差し掛かってきた、といったところです(しかも知ってるキャラに限ってです^^;)

他にも、ステータス技を使っての割り込みやスカし、追撃を避けるための起き上がり方向、投げのかわし方など、あとから見てみるとなかなかエッセンスの詰まった試合になっていてびっくりしました。やってるときは必死で、全然意識できていないんですけど・・・w やっぱり、下手なりに継続ですかね~^^;

それでは~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

●1Aナメんじゃね~! (ソウルキャリバーほか)

こんばんわ~

今年は骨折したり歯を抜いたりと、骨に良くない一年だったゆうです。
骨折の手術創はもう消えるのを待つのみですが、歯を抜いた後の穴って、どれぐらいで塞がるものなんでしょうね~(・ω・;)

唐突ですが、うちにはXbox360が2台あります。・・・なぜかというと、

ゲームを買ったら、おまけにXbox360が一台ついてきましたwww

・・・ウソです・・・いや、ウソ、ではないかなw
実はAmazonでゲームを買ったときに、間違って本体同梱パックを買ってしまったというのが事実ですw 返品するのもめんどっちいのでそのまま使うことに。元々使っていた初期型はスペアとして休ませていました^^

そんなわけで、宝の持ち腐れで2台あるんです。

今回は、そのxbox360を2台同時に稼働させて、普段はできない実験などをやらかしてみました。・・・こういうややこしい内容の記事には例によって、「そやつ*1」ブーストがかかっています。

*1:そやつ=あたしの親友を娶った凄腕ハッカー。2児の父www

・・・まあ、いつもいつもいろいろやってもらうのもナンなので、最近はあたしの方も、ちょろっとネットワークとかパソコンのこととか、勉強しだしてます。専門外だけど、案外面白いものですね~

そやつがこの前、PCなおしに来てくれたときに、箱のメモリースティックを持ってきていたので、ソウルキャリバーを2台同時に立ち上げることができました。

こんなチャンスは滅多にない、ということで、近距離殴り合い専門のフレーム戦士たち必見w、ソウルキャリバーのラグについて調べてみました。外人天国のプレマのときから、ちょっと気になってたんですよね~^^

・・・今回は長文です。

ほら、よく聞くじゃないですか、

1A見えません」とか、
1A跳べません」とか、
1Aらめぇ~」とか、
1Aうぜぇ」とか、
「てめー、1Aばっか使ってんじゃね~」とか、
1Aとか1Aとか1Aとか・・・w

他にも、
「オンとオフじゃ全然違う」とか、
「見てからガード、余裕でした」

なんかも良く聞かれますよね。

ここでいう1Aとは、キャラによって性能は異なりますが、大まかに括って

①30F近辺の広範囲を払う下段攻撃で、
②キャラによってはしゃがみステータスがあり、
③キャラによっては当たるとダウンして、
④キャラによってはコンボやリングアウトにつながる
⑤キャラによってはダウンにも当たる

といった技のことです。

・・・④の要素がなければ、ここまでひどい言われようもしなかったかもしれませんが、ラグと合わせると目で見た情報と技のタイミングが合わなくなり、更に凶悪さが増します。人によっては非常に嫌われる技ですね。

実際のところ、1Aはホントに見えないのか、反応できないのか、気になって気になって夜も寝られなくなったので(ウソ)、そのあたりがどうなのかを検証してみました。

試験に使った環境は、次のようになっています。

1

ディスプレイは片方がRGBケーブルで接続したCRTモニタ。もう一台がHDMIケーブルで接続した液晶TV(パナソニック・Viera)です。液晶TVの方は表示遅延があるんでしょうけど、そんな数値はどこにも載っていないので、自分で測りました。

実際はもっと複雑なことをしているんでしょうけど、通信を使った格闘ゲームの場合、試合中はpeer-to-peerもしくは部屋主がホストになり、XboxLiveサーバを通さずに、対戦者同士の端末が直結されてパケットが流れているのでは? と想像されます。
なのでこのように、ルータのポートに2台のXbox360を繋いでHub代わりにし、対戦中のパケットがほぼ遅延なくダイレクトに流れるようにしました。

そやつが言うにはsniferなどを使ってパケットを見てやれば、正確な経路情報が取れるとのことらしいですが、PCも引っ張り出してきたりなんだか大変そうなので、そこまではやりませんでした。知りたいのはゲームの動きのことですしねw

また、もうひとつ仮定があります。
どちらかのプレーヤーがボタンを押したら、次のように動作しているという仮定です

技入力 -+→ 通信遅延 → 相手側の表示遅延 → 相手側に表示
        +→ 自分の表示遅延 → 自分側に表示

ここで、 自分の表示遅延はCRTなので0直結時の通信遅延も0と仮定しているわけです。なのでこうなります。

技入力 -+→ 相手側の表示遅延 → 相手側に表示
        +→ 自分側に表示

言い換えると、技を入力してから、相手の表示遅延分だけ遅れて、相手の画面に表示が出る、ということです。当たり前に聞こえますが、仮定の上での話です。キャリバーのプログラム上で、ラグを緩和する何か高度なことがなされていないとも言いきれないからです。

この構成でプレマを利用して測ったところ、

★あたしの普段使っている液晶TVの遅延は、2フレーム

ということがわかりました。

次に、擬似的にラグを作り出すために、小細工をしました。下の図に示すみたいに、通信経路の途中にブリッジを4つ挟んで、遅延時間としました。

・・・ブリッジっちゅ~のは同じ信号を複製するHubと違って、相手先のMACを識別して、また異なるハードの物理層間を繋いで、同じパケット(というかペイロードの内部)を受け渡ししてくれる、という認識でいいんですかね?>識者のかた。

4つのブリッジは、無線LANのアクセスポイント2つ、それとPLC(電力線通信)の親機子機で代用しました。

1_2

CRT装備のxboxの方からは、なかなかLiveにつながりにくくなったり、ログオンに時間がかかるようになったりと、ラグを作れたように見えましたが、実際にキャリバーをやってみると、アンテナはまだ5本のままでした。

まあ、体感ラグが上がっているのは確かなので、このまま試してみようということで、プレマのラグを測ってみました。

★結果は、4フレームのラグ

この結果には、液晶TVの表示遅延2Fは含まれていませんので、あたしの家におけるアンテナ5本の環境では、実際は4+2=6Fの遅延もあり得るということがわかりました。(まあ、実際は無線LANは使いませんけどw)

詳しくは次の動画を見てください。

(いつものzoome 再エンコードなし版)

(zoome再生がうまくいかない人用の@nifty版)

さて、この結果から1Aが見えるか見えないかの話に戻りますが、その前にまず、人間の反応速度について調べてみました。

来るのはわかってるけど、いつ来るかわからない入力を待ち構えて、反応したときにボタンなどを押す場合、

  1択で約200ms( ≒16.68ms/f×12f )

  2択で約400ms( ≒16.68ms/f×24f )

    ※1フレーム=16.68ms (59.94fpsの場合)

ぐらいが、人間の平均反応速度だそうです。オリンピックでもスタートのピストル音から100ms以内に動き出した場合は、あり得ない速度ということで、フライングと判定されるそうです。

1Aを待つ場合は中下の2択と考えて、24フレームってところですかね。

ラグなしなら24F<30Fで、6Fほど余裕があります。実際には、技を出してすぐにモーションを認識できるわけではないので、数フレーム経ってから反応開始ということになります。ほとんどの下段は6Fもあればどんな技が来るかを認識することができるでしょうから、ラグなしでは1Aに反応できる計算になりますね。
オフなら、「見てからガード、余裕でした」、というのは、ここら辺から来ているのかもしれません。実際、ゲームとして成立させるために、1Aのような下段は、平均的な人には見てからガードできる時間に設定されていると思われます(ラグなしの場合

逆にオンの場合、あたしの環境を例にとってみれば

★24F=30F-(ラグ・液晶遅延)6F

となり、ギリギリのラインになります。モーションの認識に手間取れば、反応しても手遅れとなる時間です。アンテナ5本の範囲での話ですから、4本以下なら反応できませんね。「1A見えません」とか、「オンとオフじゃ全然違う」というのは、真実っぽいです。

もちろん人によって反応速度のばらつきはあるでしょうし、その日の体調やメンタルによっても変動すると思います。また、訓練により、1択の反応速度は10%程度、2択以上の反応速度は30%程度まで短縮できるという研究結果もあるそうです。

これらから、プレマにおける1Aは(アンテナ5本の場合)

①そのままでは反応しづらい
 (人間の平均反応時間と同じぐらい)

②訓練により、間に合うようになる
 (30%高速化の効果)

③経験により、反応できるようになる
 (人読み・連携読み・勘をみがく)

といったことになると言えるでしょう。

言い換えると、練習と経験により、1Aは見えるようになるっちゅーことです。

よくクソ技(失礼w)と呼ばれるカサンドラの1Aですが、あれは発生26F、ラグ4Fだと22F。
初動認識に6F、人間の反応速度24Fで30F。22F < 30F なので、そのままでは食らいます。

訓練で30%反応が良くなったとして30F×(100-30)%=21F
22F > 21F なので、厳しいですが、表示遅延がなければ、何とかなるかなぁ・・・

まあ・・・そんなこんなも含めてのキャリバーのオン対戦なのですね。
戦士だったら、アンテナ5本で1Aに文句を言ってはいけない、ということかw

ちなみに、オフの場合は、

①そのままでも反応はできる
 (人間の平均反応時間よりも遅い)

なので、②③の効果が合わさると、「オフではほとんど1Aが通用しない」ということになるのだと思います。

たまに1Aをぴょんぴょん飛んでいる人がいますが、あれは読みの部類になります。読みというとヒューリスティックに聞こえますが、経験と学習によって精度が飛躍的に上げられることも実証されています。今日の話の中では、フライングをしているということになりますね^^。
今度上げる予定のゆうスン動画で、1Aをぴょんぴょん飛ぶ場面が出てきますので、それを別途解析して、技の初動とジャンプと、どっちが早いか見てみたいと思います^^

さて、なんか記事がカッコよくまとまったところで・・・

それでは~♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

●ゆうスン出没中 ()

おはようございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●ゆうスン出没中 (お姫様はアグレッシブ?)

言葉責め? ゾクゾクするわ。

・・・いやいやいや、ゾクゾクするのは風邪のひき始めかもしれませんよ?w
京都は今週末あたりから、雪が降りそうです。皆さんのところはどうですか?
ようやく冬本番という感じになってきましたが、風邪には注意してくださいね。

というわけで、こんにちわ。・・・自称、草食系女子の(誰も信じてくれませんがw)ゆうです。
歯医者に行かなくちゃなりません。草食だって虫歯にはなるんです><

電撃のユンスン使用宣言から一夜明けた(ウソw)、箱○キャリバーのプレマからお届けいたします。
リポーターは、最近また睡眠時間が減ってきた黒ゆうです。
今回は大帝アフロの命により、アブノ教団の隊長の一人、オリオンズさんのところに襲撃をかけました(・・・って、かなり前の話ですがw)

アフロ大帝:「おい、アブノ教団を探ってまいれ」

黒ゆう:「お言葉ですが、今はふんどし教団の方がより危険かと…」

アフロ大帝:「う~む、あそこは・・・なぁ」

(ちょっと風が吹いて、いろいろめくれ上がるw)

黒ゆう:「なっ・・・大帝、そのお召ものは! もしや、ふん●し・・・」

アフロ大帝:「うるさいっ! はやくアブノ教団を探ってまいれッ!」

・・・というやり取りがあったかどうかは定かではありませんが、とにかく行ってまいりました。教団の人を探しに・・・

黒ゆう:「チャットで挨拶かわすぐらいで、教団の人の知り合いって、あんまりいないよな~ ・・・あ、オリさん発見!^^b 」

「殺っちゃうよ、いい?」 (ただの山賊ですな、これじゃぁwww)

オリさんはヒルダのホクロに悩殺されて、ヒルダじゃないとダメなようになってしまった人で(何が?w) ・・・じゃなくて、ミランさんの主宰するXbox360のキャリバーのランキングバトルの参加者で、最近メキメキと強くなってきているフレさんです(前も強かったですがw)。

Photo

↑オリさんの図

あたしのスタイルが突っ込むからかもしれませんが、戦ってみると、オリさんのほうも前よりも全然、攻撃的になっていました^^
たま~にしか対戦しないので、書くのはおこがましいですが・・・

(ゆうのプレイ寸評)

もともとオリさんは、ヒルダにしては珍しく、あまり溜め解放を使わないスタイルだったのですが、その分、近距離での技の引き出しが多くて、零距離殴り合いができる人でした。どこかのミナ使いみたいですね~w
それに加えて最近では、溜め解放も積極的に取り入れて、遠近両用のバランスのとれた強さになっています。
これでキャラ対策極めたら、恐ろしい仕上がりになりそうです~>_<

というわけで、ぶっぱ全開の猪モードで、突撃してきました~

zoomeは画質はきれいなのですが、再生環境によってはひどいブロックノイズが乗ってしまうようです。あたしのノートPCの方ではそんな症状になってしまいました。試しに、同じ映像の@nifty版も載せておきます。(エンコードは違いますが)

エンコード情報:
H.264(480x270x29.97fps-1Mbps) + AAC(44.1kHz-96kbps)
→ zoome(再エンコードなし)

エンコード情報:
DivX6.8.5(480x270x20.00fps-1280kbps) + 4bitADPCM(44.1kHz-2ch)
→ @nifty(再エンコードあり)

アフロさんにアドバイスをいただく前の動画ですが、前よりは積極的に水鶴の構えを使ってみようとしているのがうかがえます^^
え? ヒルダ対策? ・・・即起きと寝っぱを使い分けて、受け身狩りに注意することぐらいしか知りませんが何か?w

それでは~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

●ゆうスン出没中 (覇王暗殺計画w)

サブタイトル:

●SC4対戦動画など(とりあえず第2回)w

こんばんわ~

年末もあと実働2週間、ここ一番で無理しすぎて体調崩さないように、皆さんも気を付けてくださいね。

欲望いっぱい、刻みの肆番、グリードこと黒ゆうですw

年末になるとグリード(物欲)が首をもたげてきて困りますね~w 谷底さんのブログを見て、あたしも大きなテレビでゲームしたいぃッ! と思って電気屋さんに行ってみましたが、お値段見て速攻撤退www
TVチューナー付いていなくてもいいんだけどなぁ、と思っても、そんなに大きなパソコン用ディスプレイはありませんよね(。_。

24インチぐらいのLCDディスプレイだったら5万円しませんから、50インチに数10万円出すのはさすがに無理です^^;



・・・某月某日、アフロ連合にて・・・

アフロ大帝:「わしが鉄拳をしている間に、えんちゃんが居なくなった」

黒ゆう:「この前、蹴鞠(*1)をしているのを見かけましたよ?」

アフロ大帝:「わしが鉄拳をしている間に、ねがいが居なくなった」

黒ゆう:「この前、ふんどし教団で見かけましたよ?」

アフロ大帝:「むぅ、裏切りか。奴らしいといえば奴らしいが・・・すこしアフロ連合をおろそかにしすぎた。仕方ない・・・自分のケツは自分で拭かねばなるまい」

黒ゆう:「・・・・・・」

アフロ大帝:「よし、貴様! ねがいを暗殺して来い!」

黒ゆう:「あんたのケツはどこにあるんだよ!」

・・・そんなやり取りは全くありませんでしたが、大帝に命じられたら逆らえませんw 仕方なく?wねがいさんを襲撃してきました^^;

というわけで、今回は日ごろお世話になっている谷底部屋のフレ紹介シリーズ第2段も兼ねて、ねがいさんに登場していただきましょう^^

*1: 蹴鞠=FIFA10 w

●ねがいさん

巷では覇王だとか魔王だとか言われていますが、本当は熟○好きの好青年・・・って、あたしと同い年か? 彼のまわりは何となく時間の流れが穏やかに感じられる癒し系ですが、皆さん気を付けてください、一たび蛇腹剣を握ると、Sに変貌します。あ、ご存じだと思いますが、アイビを使います。

座右の銘は、「女は30過ぎてから!」
プレイスタイルは「君が泣くまでG9Bを止めない!」

だそうです。最近、マスターFUNDOSHIことへっぽこ教主が率いる、怪しげな宗教団体に入信したそうです。こわいですね~、迷惑ですね~w

(ゆうのプレイ寸評)

・ネタをたくさん持っているし、研究熱心
・コンボを落とすことが(ほぼ)ない
・攻め手の場合、ヒット確認がうまくて、その場に最適な連携を常に出してくる
・土壇場での粘りがすごい

アフロさんにアドバイスをもらう前の動きですが、自分なりに頑張ってみました^^;

少しは善戦できていたでしょうか? (^_^;

それでは~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)