PS3

2011年7月18日 (月)

●潜伏しています。。。(PS3、ゲームその他、うさぎめくり)

節電している人もしていない人もこんにちわ~
とにかく暑いですね(><)

1ヶ月ちょい、ご無沙汰していました(^_^;
予定通り、今年は仕事人生の山場で、いつになったら夏休み来るの~?って感じの生活を送っています。予想年収2割り増しなので、来年はなんか大きな買い物でもしちゃおうか~とか思ってみたりみなかったり・・・w

でも既に、遊べない腹いせにいろいろ買ってるじゃん、あたし・・・(。。;

・髪用のピンいっぱい
・ピアス×3

・ブレスレット

・ゴールド系のミュール(持ってるの黒ばかりなのでw)
・ブラウス2着
・水着

・夏物ワンピース&マキシワンピ
・真・三国無双6(ps3)
・EDF(Xbox360)
・PhotoshopCS5(Windows)

女の買い物っぽくないものもいくつか混じってますがw
下に行くほど値段が上がっていきますw ・・・来月のカードが怖い・・・

Goldenhighheelsatinrivetwonderfulwo ←こんなミュールとか♪(゚▽°)ノ⌒

808471 ←こんなワンピとか(^^ )
20110517025657_2_4420_2 ←こんな水着とか(〃゚∇゚〃)

ネット通販たのしすぎ・・・(°°「

・・・あ、申し遅れました。
だんなが節約した電気をすべて消費しつくしている悪者ゆうです(。。;

ほら、うちの部屋にはウサギさん(ぷーちゃん)が同居していて、彼女の適温は11~26℃。なので夏場はエアコン止められないんですよね。

さすがに26℃上限でも、あたしにとっては寒いので、数年かけてぷーちゃんにはあたしの適温に慣れてもらいました。毛皮モッフモフの彼女も、最近は28℃で平気になってきました(=^^=)。

Dsc_1113

↑相変わらず、不思議な生き物w
カメラ向けたら居住まいを正して、耳をちょっと上げて様子を伺ってます^^

Dsc_1110

↑警戒範囲外からの撮影
普段はこんなふざけた態度で、腹見せてくつろいで寝ています。
「野生? なにそれ? 食べれるの?(=´▽`)ゞ 」

そろえた両足が、鳥のもも肉みたい・・・w

さて、忙しいとはいっても息抜きは必要で、せっかく持ってるPS3でのんびりIN時間気にすることなく遊べるゲームでもしよう、ということで、真・三国無双6をやっています。

ちなみに、あたしがこれまでに読んだ(見た)ことあるのは書物だと、

三国志 (吉川英治)
三国志 (北方謙三)
魏志倭人伝w
後漢書
反三国志

マンガだと、

蒼天航路
龍狼伝

ゲームだと、

真・三国無双4~6およびその派生

あたりですね。
あ、しつこいようですけど、歴女じゃないよ?あたしw

スペイン人(3/4)のあたしは、日本に来なければ絶対に三国志などとめぐり合うことはなかったと思います。一言でいっちゃうと歴史群像ドラマのジャンルなのですが、いろんな作品に触れれば触れるほどその魅力を再発見させられる作品群です。

さて、今回の無双6のウリは武器システムの変更やシームレスなイベント&戦闘など、いろいろありますが、そこらへんはいろいろと詳しく紹介されているWikiとかがあるのでざっくり省略w

一応、魏・呉・蜀・晋と、すべてのストーリーモードをクリアしたので、システムでは伝えにくい「雰囲気?」みたいなものを紹介してみたいと思います。せっかくなので、いくつか画像とムービーを交えて^^

5では呂布、貂蝉、曹操、夏侯惇、孫尚香&劉備、あたりがクローズアップされたドラマになっていましたが、今回の6はズバリ、

関羽父子(樊城近辺)

張飛&趙雲(長坂峠)

孫権と練師(孫権の奥さん)

夏侯淵、覇の父子(魏から蜀に亡命)

鄧艾&鍾会(蜀陥落)

司馬一族(魏の末期~晋建国)

あたりがクローズアップされたドラマになっています。
特に関羽の死に様のあたりとか、蜀のストーリーでプレイしてるとすごい重い雰囲気(いい意味)で話に引き込まれます。関羽の息子だけでも平、興、索と3人ともちゃんと出てきますし(プレイアブルは平と索の2人で、本作では索がメインっぽい)

Photo

↑樊城から息子を逃がす関羽

晋のストーリーは史実としては知っていたのですが、三国志演技では語られないその後の魏の国の行く末とかが見られてすごい興味深かったです。

Photo_2

↑妖艶すぎる曹丕の皇后、甄姫

司馬懿から実権を引き継いでから亡くなるまでわずか4年しかなかった司馬師とか、兄の後を継いだ司馬昭とかって、どんな人生を歩んだんだろう、って文字では知っていたのですが、群像の具体的イメージがビジュアルとして示されるとやっぱり存在感が違いますね。

Photo_4

↑晋のストーリーでは外せない諸葛誕

もちろん、司馬師、司馬昭をはじめ多くのキャラ設定やイメージはコーエーの人のオリジナル脚色でしょうが、それでも文字だけだった人物に命が吹き込まれて、戦いを繰り広げていると圧倒的な存在感です。

Photo_3

司馬懿の長男、司馬師。ゲーム内では親譲りの冷徹明晰なキャラ

蜀漢滅亡でゲームとしては区切りがついてしまうので、史実を知らない人が見たら鍾会とかって鼻もちならないお坊ちゃんだけどすごい功労者、にしか見えないかもしれませんねw

Photo_5

↑三国志後期の英雄、鍾会(左)と鄧艾(右)

彼は蜀漢滅亡後、兵権を預かるライバルである鄧艾を告発・獄殺しています。さらに姜維の蜀再興の起死回生の策にあえて乗せられて、魏に反逆して魏・蜀を乗っ取ろうとしますが夢叶わず散って行ったというドラマティックな最期を迎えています。

ちなみに、今作では呂布とか貂蝉とかもう完全に脇役で、ほとんどストーリーにも出てきません(文字とナレーションで語られて終わりw)

Photo_6

↑やっぱり2人並ぶと絵になるわね~^^ (貂蝉の衣装はDLCの無双5タイプ

呉に関しても、練師をもってきたり、周瑜の死のシーンをクローズアップしたりと、毎回ストーリーの少しずつ切り口を変えて、プレイヤーを飽きさせない工夫をしているところはさすがだと思います。

Photo_7

↑後の孫権の奥さん、練師

ところで、人のYoutubeをブログに持ってこれるのって、実は初めて知りました。
オィwww

↑オープニング

現実離れしているところがあるのはお約束ですが、それを差し引いてもかっこよすぎます。
コーエーの無双のイメージ主人公が趙雲なのは昔からですが、阿斗を抱いて単騎駆けるストーリー性がよく伝わってきて、このムービー大好きです。

ゲーム立ち上げても遊び始めるまでに一回は必ず見ちゃいますね^^

ちなみにツボは、橋の上で張飛が投げてよこした槍を、趙雲が振り向かずにつかむシーンです。さりげなく夏侯惇もシブカッコイイですね^^

技術的にもなかなか進化しています。
ゲーム内のムービーも、戦闘シーンとシームレスにつながるのですが、プリレンダーとリアルタイムの差がどんどんなくなってきていますね。

Photo_8

↑おそらく今回の一番人気、けしからん胸の王元姫

彼女は後の司馬昭の妻で、晋を興す司馬炎の母親になる人です。

次回作当たりでは諸葛亮月英の話とか、呉の山越攻略とか、魏と匈奴、あたりなんかのサブストーリーも見てみたいですね~^^

2

↑晋のエンディングからワンカット^^

2人の衣装はこのシーンのためのものだと思いました。
並んだときに映える衣装デザインになってるんですね~

さて・・・だんだん何のブログかわからなくなってきていますねw

テクニカルな重たい記事は書くのも時間がかかるので、忙しいこういうときには、かる~い記事もありかな?^^

来週あたりから異星人の地球侵略を阻止する部隊に配属になりそうですwww
2W2もまだちょっと残ってたし誘われてるなぁ^^

ということで、それでは~♪

| | コメント (1) | トラックバック (1)