TSD(シューティングゲーム)

2011年6月 4日 (土)

●PSPは据え置き機でしょ? (ゲームその他)

こんにちわ~
とうとう梅雨入りしたみたいで、不安定な天気の日が続きますね。

暑かったり寒かったりジメジメしたりで、体調管理が難しい季節ですが、皆さん体は大事にしてくださいね^^  あたしのほうも睡眠時間2割り増し(3.7h/日→4.5h/日)で、少し自愛してます(*´∀`)♪

さて、最近は忙しくてXboxにINできていないですが、それでもやっぱりゲームはやりたいよ~(><)、ってことで、短い時間で遊べて、しかもセーブロードとかがない、STG(シューティングゲーム)をメインに遊んでいます。

STGといっても、あたしは縦スクロールや弾幕系は苦手なので、横と3D専門ですw
箱のSTGは縦が多いので、ちょっと苦手かな~(。。
そこで、埃をかぶってほとんど死にかけていたPSPを引っ張り出してきました。
買ったまま積んであったゲームあったわよね~・・・たしか・・

外に持ち歩いてゲームをするという文化を持ち合わせていないあたしは、自然とPSPから遠ざかっちゃっていました。でも使わないのもモッタイナイので、今回は何とかこの子(PSP-3000)を快適なシューティング環境に仕立て上げられないかチャレンジしてみました。

何年か前にも一度似たような記事を書きましたが、現時点での最新版ってことで^^/

タイトルにもあるように、PSPを据え置きゲーム機として、大きな画面で、しかも好きなコントローラーで遊べるようにしてみました。

-----

1.あたしの環境

・PSP-3000 後期型
・メモリースティック 4GB
・PC 64bit windows7
・Xbox360用のジョイスティック(=純正, MadCatz, RAP, フライトスティックなど・・・)

※あたしの環境(Windows7の64bit)でもできたので、XPやVistaといった旧OSの場合はより互換性が高いのでたぶん問題ないと思います^^ 環境に合わせた設定のアレンジは各自ググってみてね。
Scshot

2.用意するもの

① PSPのオリジナルファームウェア(6.35)
② PSP Homebrew Enabler 6.35PRO
③ RemoteJoyLite v0.19
④ PSP Host v2.0
⑤ PSP Type-B/C driver
⑥ PSP用の映像/音声出力ケーブル

3.考え方

基本の考え方は簡単で、下の3つの合わせ技になります

A) XboxのコントローラはWindowsから普通に認識して
   PC上のジョイスティックとして使える
B) RemoteJoyLiteは、PSPとPCをUSBでつないで、
   ジョイスティック操作と画面のやり取りができる
C) PSPの映像は、専用ケーブルで大画面TVに出力できる

4.手順

①はPSPで(かなり)最近のゲームを動かすための下地作りです。

OFW6.35同梱のゲームを持っている場合はそれを使用して、ない場合はアップデートファイルからお手持ちのPSPをアップデートします。

ファイルからアップデートする場合は、メモリースティックの

/PSP/GAME/UPDATE/

フォルダに、アップデートファイル「EBOOT.PBP」を置いて、PSPメニューから起動すればOKです。あっ、ちゃんと充電して、ACケーブルつないでおいてくださいね。

Pspupdate

②はPSPでバックアップデータの起動や、プラグインと呼ばれる(オリジナルにはない)追加機能を有効にするためのプログラムです。オリジナルファームウェア(OFW)になり代わって動きます。

現在の最新版はわかりませんが、あたしが試した時のバージョンは、6.35PRO-B5、でした。

導入は、OFWのアップデートと同じ感覚で、

/PSP/GAME/

フォルダに、6.35PRO-B5のフォルダ「PROUPDATE」を作って、置いて、PSPメニューから「EBOOT.PBP」を実行すればOKです。

Pspproupdate

6.35PROをPSPメニュー上から起動すると、機種情報欄にはこのように表示されます。Psp635versions

さて・・・③のソフトが今回のメインの「RemoteJoyLite」です。
本家の「RemoteJoy」から派生した国産ソフトで、元のバージョン自体は古いのですが、現在の環境に合わせて様々な亜流が出ていますので注意が必要です。
環境によっては画面映るけど操作ができない、とかいろいろあります。自分の環境にあった亜流を探してみてください。

今回あたしが使ったのは、「RemoteJoyLite v0_19 for 6_2X-6_3X HEN V2」という亜流です。

導入は、

/seplugins/

フォルダに、「RemoteJoyLite.prx」を配置し、同じく「GAME.TXT」内に

ms0:/seplugins/RemoteJoyLite.prx 1

を記述すればOKです。Pluginconfig

そして6.35PROを起動すると自動的にプラグインが有効になります。

Pspplugins

次に導入するのが④の、PCにPSPをUSBデバイスとして認識させるためのソフトです。
普通にインストールすれば「PSP Type-B Driver」というのが認識されて、XPやVistaでは使用できます。

PSP Hostをインストールしておけば、6.35PROとRemoteJoyLiteのプラグインを導入したPSPをPCにUSB接続すると、Type-Bドライバが自動で設定されます。

Psptypecdriver

※PSP本来のUSB機能は切っておかないとだめなので注意してください。

※Windows7の場合はType-Bではなく、「PSP Type-C Driver」というのが必要ですので、PSPをつないだ時のドライバ問い合わせを手動で変更し、⑤で示すType-Cのドライバのほうを導入してください。(これ重要)

※64bit環境の人は、x86ではなくx64のドライバーじゃないとインストールできないので、そちらを入手してください。

Usbdriver_2

↑Type-Cとは出ていませんが、x64版をインストールした例

ここまでくれば、PC上でRemoteJoyLiteを起動した状態で6.35PROを起動したPSPを接続すれば認識して、PC上に画面が転送されてくるはずです。

だめな場合はこれまでの手順を見直したり、ドライバやファイルの亜流を探したりしてみてください。

635

↑こんな感じに画面が転送されます(背景は気にしないッ!)

次に、PC上でXboxのコントローラーが認識されているか確認してください

Photo

↑Vista以上なら、特になにも意識しなくても挿すだけで認識するはずですね^^

コントローラが認識されているのが確認できたら、RemoteJoyLite上でのキーマッピングを行います。

RemoteJoyLite上でマウスを右クリックすると設定画面が出てきます

Keymap

PCにつないだコントローラーのボタンを「押しながら」、この設定画面の「該当するボタンマークをクリック」すれば、コントローラの入力とPSP上の操作がマッピングされます。

必要なボタンを全部マッピングしたら「設定保存」

次は「Etc」のタブを選択して、
「非アクティブ入力を有効にする」にチェック。これにより、RemoteJoyLiteにマウスのフォーカスがなくても、入力を受け続けてくれるようになります。

Etc

画面のキャプチャや配信を考えている人は、併せてこのタブで、

「アスペクト比を保持する」

にチェックを入れて、起動時の初期サイズをPSPの画面サイズのネイティブである480x272に設定しておくといいでしょう。これでPSPの画面がPC上でdot-by-dot表示されます(小さいけど^^;)

次に、「Key」のタブで、
「キー入力を有効にする」のチェックを「外します」
これが入っていると、余計なキーボード入力を拾ってしまいますので、コントローラーでプレイする場合には邪魔になってしまいます。

Key

画面転送設定は「PSP」タブで設定できます。
コントローラの入力だけを転送する場合はあまり関係有りませんが、キャプチャや配信を考える場合には重要になってきます。
お手もちのPCのスペックと相談しながら、皆さんの環境に最適な設定を見つけてください。

ちなみに、あたしの設定はこんな感じです↓

Photo_2

最後に⑥のPSP用の映像/音声出力ケーブルを使って、PSPの画面をTVにD端子やコンポーネントなどで接続すれば完成です^^/

PSPの「下に並んでいるボタンの中の」(□ボタン)を長押しすると、PSPの液晶画面が消えてTVにつないだケーブル側に出力されます。あとはTV側で画面サイズなどを多少調整すればいいでしょう。

RemoteJoyLiteの画面で遊ばないのであれば、RemoteJoyLiteでF3を押して画面転送を切っておくと負荷軽減になっていいと思います。

あたしのところでは画面出しっぱなしで、時々RemoteJoyLiteの画面をSCFHで拾ってFMEでUstream配信したりして遊んでいます。

PCのスペックのほうは、

・Core-i7 extreme 965(第1世代) 8core x 3.2GHz
・Memory 6GB
・Video RadeonHD4870x2(FireGLタイプ)-2GB
   + RadeonHD2600XT
・HDD (RAID1+0) total 11TB

程度です。いまどきの最新よりは落ちますが、RemoteJoyLiteの画面/操作転送しながらキャプチャしてエンコードして配信しても、十分動きますv(o・ω・o)ノ゙

発展のイメージはこんな感じですね↓

Pspsystem

最後に、この環境でキャプチャした動画を張ってみます。PSP本体には一切手を触れることなく遊べました。大したプレーじゃありませんけど、なかなかきれいに撮れるでしょ?

ゲームはPSPのダライアス・バーストです。
(録画はRemoteJoyLite画面をアマレコでキャプチャ)

Youtubeの時間制限があるので、途中からです。



うぁ~・・・ノーマルごときでノーミスできんかった~( ×_×)。。。
STGなまってるなぁ・・・

そろそろTSD再招集か?


それでは~♪

P.S. 最後まで読んでくれた方へ

今回使用したツール類のファイルを置いておきました。パスは12435~13435です。
よろしければどうぞ。。

http://firestorage.jp/groups/7ebe276b8b9ba8ffaf66553f2b2538b5c42305d4

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

●オペレーション・サンダーボルト (TSDほか)

赤く点滅するIFF、鳴りやまないアラート。

あたしたちはいま、大陸の北方ソーン島周辺にある、エストバキア軍の海上要塞、通称シャンデリアの上空にいた。黄金色にペイントされた機体が、曇天を貫いて時折差し込む日光にきらめいていた。

ヘッドオンから向かってきた敵に対し、あたしはバレルロールからリードターンで敵機の後ろを取る。

「Muérase(さよなら)」

そう呟いてトリガーを引くと、数瞬後に火球が花咲く。。
轟音をあげて飛び散る敵機を見ても、もはや何も感じない。
すべてが麻痺していた…

グレースメリアの解放に多大な戦果を残したガルーダ隊だったが、シャンデリア攻撃中にシュトリゴン隊の最後の猛攻を受けて立ち往生していた。本国でクーデターが起こったらしく、エストバキア軍はもはや正常な軍隊として機能していない。
それゆえか、エストバキアに目の敵にされているタリズマンは、執拗に狙われていた。

シャムロックが体を張って入手した要塞の弱点データを生かさないと、このままでは首都が壊滅的な被害を受けてしまう。そこで声がかかったのが谷底大佐率いるあたしたち、トパーズ隊というわけ。

トパーズ隊はエストバキア軍がひそかに投入しようとしていたアイガイオン2番機を極秘作戦のうちに破壊したり、ガルーダ隊が出した援助要請を受けて多くの敵機を葬ってきたという、エメリア軍の隠れたエース部隊だった。

タリズマンのように素行がよろしくないため、軍部はその存在を公にせず、宣伝に使おうともしなかったが、腕の方は折り紙つきだった。各隊員は銃器や刃物、爆発物の扱いは無論、戦車やヘリ、戦闘機、ヴァンツァーやハウンドまで乗りこなすという、つわもの達だ。

ふつうは大佐というと一軍を率いるのだけど、彼の部隊は問題児が多いため、後方で命を下しているだけではいうこときかない奴ばかり。そういう連中を束ねるには、指揮官自ら先頭に立たないとだめなんですって。

・・・まあ、本人はそう言ってるけど、実際は戦いたくって仕方がないことをあたしたちは知ってるわ。

腹いっぱいに兵器を抱えた鋼鉄の猛禽が4機、作戦区域に投入されたのは、エメリア-エストバキア戦争も終盤に入ったそんな頃だった・・・

ノーフィア:「タリズマンだかアミュレットだか知らんが、
      やつらだけがエメリア空軍じゃないところを見せてやれ!」

パイル、シェン、サイレン:「Yes,Sir!」 *1

(*1) TACネーム↓

ノーフィア = 谷底大佐
  パイル = 鉄節軍曹
  シェン = オリオンズ上等兵
 サイレン = ゆう中尉

・・・

出撃したは良いものの、思っていた以上に敵の抵抗が激しく、トパーズ隊も疲弊していた。

ゴースト・アイ:「シャンデリアよりシュトリゴン新手の発進を確認!
         きりがない! 基地のカタパルトを破壊するんだ!」

パイル:「おいおい、シュトリゴンってのはエストバキアのエース部隊じゃなかったのかよ?
     いったいどんだけエースがいるんだよ」

ゴースト・アイ:「ここはもともとシュトリゴン隊のホームベースらしいからな。
         いいから口動かしてないで手動かせ」

パイル:「やさしくねぇな。
     ガルーダ隊にするのとはずいぶん、接し方が違うじゃねえか」

ゴースト・アイ:「お前らは問題児だからな」

ノーフィア:「ひどい言われようだな。ま、結果を出したもん勝ちだ。
       ・・・トパーズ2、お前のタイフーンはまだいけるか?」

シェン:「トパーズ2、ミサイルは撃ち尽くしましたが、まだいけます」

ノーフィア:「よーし。弾があるうちは戦い続けろ。
       敵の量産型エースなんかにゃおまえは負けねぇよ」

シェン:「褒めなくていいからミサイルください」

ノーフィア:「俺もあと2発しか残ってねぇよ」

シェン:「ボムを打ち尽くしてから死ねっていつも言ってるじゃないですか」

ノーフィア:「おれの死に場所はあのバカでかい砲身の中と決めてるんだ」

シェン:「隊長、死ぬ気? この戦争が終わったら、
       マチルダさんと結婚するんじゃなかったんですか?」

ノーフィア:「アホ言え、こっちの世界のマチルダはガキじゃねぇか。
       俺の言ってるマチルダはジャブローにいる方だ」

・・・そう言っている間にも、隊員たちは敵を撃破していく。

パイル:「隊長、カタパルトをつぶしたぜ」

ノーフィア:「冷却装置はあと一基だな、焼き尽くしてやる」

谷底機から凶悪な塊が投下されると、キノコ雲と同時に辺り一面が火の海に包まれる。

ノーフィア:「やっぱFAEBは最高だな。
       よーし、これでシャンデリアも終わり・・・・ なに!!?」

パイル:「・・・あれが、シャムロックの言っていた非常冷却装置か。
            なんて厄介な位置に・・・」

シャンデリアの非常冷却装置は、砲身の下部を走るトンネルの最奥部に収まっていた。空からの攻撃はその分厚いシェルターに覆われて届かない。

シェン:「隊長、あと2機が限度です、まだですか!」

パイル:「トパーズ3、特殊兵装の残段数0。隊長ー、もうモタネェよ」

ノーフィア:「くそっ、おいっ、うちのお嬢さんは何やってる!?」

シェン:「あっちの方でで天使とダンスしてますよ」

トパーズ隊の4番機は、ちょっと離れたところでふざけた機動をしていた。

パイル:「あいつバカか? ラファールでコブラする奴なんていねえぞ」

シェン:「あれは違うな。落ちてるよ。機首上げて失速しながら攻撃してる・・・。」

パイル:「的にされんぞ・・・よく正気でいられるな」

シェン:「あのラファールは装甲削って極限まで軽くしてますからね。
        ・・・それに彼女に正気なんてないでしょ」

ノーフィア:「おいっ、サイレン! そっちはいいから早く来い!」

サイレン:「あーっはっは・・・死ねー、死ねー!」

シェン:「イっちゃってますね。ややこしい奴だ」

サイレン:「あー? たいちょ~。呼んだー??」

ノーフィア:「そっちはいいからこっちで遊べ! いいか、あそこの
       トンネルの中に最後の冷却装置がある。飛び込んで壊してこい!」

サイレン:「トパーズ4、ろじゃー・・・あ、たいちょ~?」

ノーフィア:「なんだ?」

サイレン:「トンネルでSOD撃ったら、死んじゃう? ねぇ、死んじゃう?」

ノーフィア:「あー、死んじゃうさ。天井が降ってくるぞ。」

サイレン:「じゃ、いらないものは、ポーイ!」

ノーフィア:「うをッ、馬鹿、あぶねぇな! なんてことしやがる。
       当ったらどうすんだ。」

4番機が投げ捨てたSODが隊長機をかすめて、上がってきたシュトリゴン機に命中する。

パイル:「おいおい、それ・・・対空兵器じゃないだろ・・・めちゃくちゃだな、あいつは」

ノーフィア:「シェン! 露払いしろ。
       俺たちは砲身に突っ込むぞ! パイルはフォローだ!」

パイル:「あいよ」

シェン:「やだなぁ、隊長と一緒にFOX4なんて」

ノーフィア:「シャムロックのデータでは、非常冷却装置はシールドを
       破壊すると一定時間動作が止まって砲身が開くらしい。
       その隙間から逃げれるさ。」

シェン:「開かなかったら?」

ノーフィア:「サイレンを信じろ、大丈夫、俺が拾ってきたやつだ」

サイレン:「おさんぽおさんぽぉ~」

シェン&パイル:「・・・・・・・」

ノーフィア:「むぅ・・・サイレンは信じなくていい。代わりに俺を信じろ」

シェン&パイル:「・・・・・・・」

ノーフィア:「・・・・オイ、 ・・・・じゃあ、シャムロックのデータを信じろ」

シェン&パイル:「ウィルコ! サー!」

ノーフィア:「なんだよ、ちくしょう。結局は優等生かよ・・・」

あたしはシャンデリアに斜めから突入し、機体を強引にトンネルにねじ込んだ。HUDにターゲットが表示される。1500、1200・・・

・・・砲身組の2機も軸を合わせに入る。

ノーフィア:「行くぞ!」

その時、砲身に行かせまいと生き残りのシュトリゴン機が割って入り、オリオン機と交錯した。片翼がもげて爆炎が谷底機の視界を覆う。

ノーフィア:「シェン!? おいっ! シェーンッ!!」

キャノピーがはじけ飛んで、シートが射出されるのを見て谷底は安堵した。

シェン:「あー、今日はついてるや。ちょっと寒中水泳してきます。
        FOX4は隊長一人で行ってきてください~」

ノーフィア:「びっくりさせやがる」

あたしはトンネルを突き進んでいた。
1000、800・・・そろそろいいかな? じゃあ、ローンチ!

・・・オレンジ色の煙を吐いて、放たれたミサイルが冷却装置に食らいついた。
そのときすでに隊長機は砲身に突入していた。

ノーフィア:「よし! 開いた!」

IFFの輝点を見つめていたパイルが思わずつぶやく。

パイル:「あいつら、スゲェな・・・VCもないのに完全にシンクロしてやがる
     ・・・あれがニュータイプってやつか・・・」

サイレンの操るラファールは勢いよくトンネルから飛び出した。冷却装置の再稼働まで残り3秒・・・聞こえるはずのない隊長機のミサイルの発射音が脳裏に鮮明にイメージできたとき、あたしの中で作戦の終了が見えた。

ノーフィア:「マティルダーーー!」

シェン&パイル:「やったッ!!!」

砲身から直接コアを攻撃され、装填中だったスタウロスミサイルの誘爆でシャンデリアは崩壊を始めた。そして谷底大佐の操るA-10カスタムが砲身から脱出した直後、爆発。
夜明けと共にその最期をむかえた。

----------------------
----------------------

・・・というわけで、AC6のCoopをやりました。長ぇ~って~のw

お話は限りなくフィクションに近いかもしれませんが、所々に真実が見え隠れしていますw
キャラクターの性格は本当捏造ですwww
あ~・・・日本語って難しい。文才ないのは辛いですね~(^_^;

さて、エースコンバット6のダウンロードミッションのこのシャンデリア攻略、実際やってみるとかなり厄介なミッションでした。

まず厄介なのが東側に展開する敵防衛艦隊。イージス艦をはじめとして巡洋艦、駆逐艦、VLS、SAMで構成された非常に強力な対空網を持っており、侵入角度をちゃんと考えて一撃離脱の爆撃を繰り返さないとなかなか無傷ではいけません。A-10組はその装甲にモノを言わせて強硬突破、初速を載せたロケット砲やFAEBで攻撃。その間残りの2機が航空機の相手をするという(暗黙の)作戦で行きました。

最後の山場がシャンデリア突入です。このミッションは、非常冷却装置を破壊してから20秒以内に砲身最奥部のコアを破壊しないとクリアにならず、復活してしまうかなり厄介な面なので、少なくとも2機が同期を取って下部トンネルと砲身に突入せねばなりません。

同期を取ろうにもシュトリゴン隊が邪魔してきますので、制空担当が必要。更に欲を言えばもう一機、リベロ的なサポートがほしいところです。

今回は、

谷底さん    → 砲身
オリオンズさん → 制空/(砲身)
鉄節さん    → サポート
ゆう       → 下部トンネル

という体制で臨んで、何とかクリアできました。

何度か失敗して、心が折れかかっていましたが、残り0'00''22という時間で奇跡が起きました。ボイチャのメンバーの歓声も聞こえて、なかったあたしも高揚感にゾクゾクしました^^;

いやぁ~ Coopっていいですね~。

谷底さん、オリオンズさん、てつぶしさん、ありがとうございました^^

ムービーは録画したものがHUD画面でしかもあたしの機体視点だったので、大幅にアレンジしてしまいましたw もちろん実際のプレイシーンも入っています^^。音はボイチャ丸聞こえなので、いじって差し替えました。本当は隊長機に張り付いて、そこそこのアップで撮影しようと思ってたんですが、とてもそんな余裕はありませんでした(。_。;

よくわからない英語と、スタッフロールの長さに対する突っ込みはナシの方向で・・・w

AC6は4人制限だったので今回はこのメンバーでしたが、まだしばらくはやり続けるので、今度はるくさんや天尊さんたち、他のフレとも飛んでみたいですね^^b

あ、そうそう。 オリさん、TSD入隊おめでとうございますw
HAWXもCoopあるし、今年はまだまた飛ぶぞ~

それでは~♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

●第4小隊解散式 (ゲームその他)

本日、16:59をもってすべての作戦行動を停止すべし。

繰り返す、本日、16:59をもってすべての作戦行動を停止すべし。

Photo_6

というわけで、終わっちゃいましたね~。クロムハウンズ。

約一カ月の間ですが、フレとかな~り遊びこみました。特に直前の週末(正月休み?)には、退席したり復帰したりと断続的に12時間以上やってしまいましたw
やればやるほど、終わってしまうのが惜しいゲームですね。特にバランスが良くできていて、前から遊んでいる人に交じっても、初心者でもちゃんと遊べるところがすごいと思いました。なんかかなり気合入れてやりこんだので、今はちょっぴりゲームもお休みな感じ・・・脱力感ですw

さて、今回は内輪ネタです。

EBC(Euphemia's boot camp *1)のへなちょこ訓練生だった3人の部下も、頼もしい戦友と呼べるくらい育ちました。最終日まで戦い抜いて、なんとか生き延びて来ました。

*1: http://retirada.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/4-df33.html 参照

(戦闘終結後、いつものハンガーにて)

Photo_8

ゆう:「・・・それで、お前たちはこれからどうするの?」

てつぶし:「おいらはMの会に戻って、ロック族を最高するよ」

ゆう:「再興の間違いじゃなくって?」

てつぶし:「それで合っているのだよ、フロイライン」

ゆう:「・・・でショウは?」

てつぶし:「スルーかよw」

ショウ:「僕は国に帰って、親の後を継ごうと思います」

ゆう:「味方の膝を撃ち抜いたゴルゴ31も、今日で姿を消すわけね」

ショウ:「あれは事故ですよ。ミストが紛らわしい機体に乗ってるから」

ミスト:「おい、コラw 崖から転落する奴が偉そうに言うな」

てつぶし:「まあまあ・・^^;」

てつぶし:「・・・んで、隊長はどうするんすか?」

ゆう:「あたしは今度は空軍に行くわ。グレースメリアでパイロットが不足しているらしいし」

ミスト:「じゃあ、ここでお別れですね」

ゆう:「何言ってんの? あんた800万ドルの借金、まだ返してないじゃない。」

ミスト:「ショウだって返してないじゃないか!」

ショウ:「僕のりそなの通帳は隊長にあげます。スナイプの仕事かなりこなしたから、報酬そうとう貯まってるはず。ミストの分と合わせて返しても、まだおつりがきますよ・・・」

ゆう:「え・・・? 折角頑張って稼いでたのに?」

ショウ:「あれ? 言ってませんでしたっけ? ・・・僕、王子だし」

一同:「お、王子~!(@@)/」

ミスト:「ショウ、お前いい奴だったんだな・・・」

ショウ:「・・・ということで、ミストはもらっていきますね」

ゆう:「いいよ・・・って、どこに?」

ショウ:「僕のハーレムの掃除夫に」

ミスト:「テメェ・・・殺す!w」

ゆう:「返済するまで奴隷ってことねw」

ということで、デコボコスカッドの4th.Squadronも今日で解散です。今は次にCoopできるゲームを物色しながら、各自それぞれ他のゲームで小休止wといった感じです。

いやあ~、面白かったですね~。

いくつか記録を残しておいたので、アルバム代わりにまとめて張っておきますw

Photo

↑スカッドランキング、今回の戦争ではなんとか2ケタに入りました^^

Photo_2

↑一人当たりの名声です。みんなよく頑張りましたね

Photo_3

↑あたしの最終階級は「下級准尉」
士官候補生から上がったはずなのに、何となく下の階級っぽい名前ですね~
大佐への道は遠かったですw
ちなみに、使用機体は遠距離支援もできるディフェンダーでした。

Photo_4

↑アタッカーで副隊長のミストさん
コソ連のおかげか、新兵から始めたのに、いつの間にやら伍長に昇進していましたw
後半では、前線にいながらも生存率がとても上がっていました。

Syo

↑スナイパー/コマンダーのsyoさん
最初は声が小さくて、敵がどこにいるのかわかりませんでしたw 最後の頃には的確な情報提供と、敵をバカスカ撃ち殺す頼もしいロールに化けていましたね^^

Photo_9

↑スカウトの鉄節さん
突っ走るの大好きな鉄節さんは、最後の方では味方の膠着した前線を尻目に、敵の司令部を突いたり、コムバスを取りまくったりと、いい動きをたくさん見せてくれました。

Photo_7

↑最後に、お金が余っていたので、献金してしまいました^^v

ここからは、記録のムービーです。例によって、2倍速にしてあります^^

↓1:作戦成功

↓2:生身で撃ちあい&溺死w

↓3:作戦成功

↓4:都市制圧の記念

↓5:あたしはやられたけど作戦成功w

↓6:あたしはやられたけど作戦成功w

↓7:作戦成功

↓8:作戦成功

↓9:記念撮影中に襲撃~乱戦

いやぁ~、それにしてもガッツリ遊びましたねぇ・・・
終了間際だけど、これだけ遊べたのは値打ちモノでした^^

付き合ってくれたフレのみなさん、ありがとう。

それでは~♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

●まわせーっ! (TSD、シューティングゲームほか)

・・・なんてことを言わなくても、時はものすごい速さで回っていきます。師走ですね~

最近仕事が忙しくて、なかなか箱が立ちあげられません・・・(。_。;)

ライン河に巣食い、歌声で船乗りたちを水の底に引きずり込む妖女サイレン・・・同じ名前を冠するTACネームを持つ、谷底部屋の制空担当ゆうですw。

いつも通り夜遅く帰ってきて、半寝む状態でベットに入ろうとした矢先、非常ベルが鳴りました! 隊員は3分以内に出撃準備を整えて集合! 谷底隊長の非常招集です。

谷底:「速く離陸しろ! アイガイオン*1が飛んでくるぞ! あと10分でここにくる!」

ゆう:「にんばす、ろ~んち。ですか?」

谷底:「そう、そいつだ。速く出撃してたたき落とさないと、
     この基地(部室)がなくなってしまう!」

ゆう:「しばらくTSD*2の活動、サボってましたもんね~」

谷底:「今日はアブノ教団から心強い助っ人も連れて(誘拐して)きた。
     こいつ(オリオンズ)には俺の左翼を任せる。おまえは右を固めろ」

ゆう:「たいちょ~、ノリノリですね~^^」

谷底:「あ、そうそう、言っておくがアイマス機は禁止だかんな」

ゆう・オリオンズ:「ろじゃぁ~」

・・・ということで、谷底さんとオリさんとあたし、3人でエースコンバット6の空を飛んできました^^

*1:AC6に出てくる敵の空中空母みたいなやつ。
  なんかすごいミサイルをいっぱい積んでます。

*2:TSD=Tanizoko Shooting Department の略

こことか → http://tanizoko.blog.shinobi.jp/Entry/164/

ここも → http://retirada.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/100-100c.html

もともとXbox360を買うきっかけとなったこのゲーム、今やっても非常に遊び応えがあって、楽しめます。Coopでやると、なおさらですね。
無双系のゲームや、KUFのように仲間が近くには視認できないんですが、なぜか共闘感が感じられるのがフライトシューティングの不思議なところ。仲間のケツを追っかけまわす敵機を蹴散らしたときなんか、脳内麻薬がドパ~っと放出されてクラクラしますね(←やばいw)

動画は、アイマス機・・・じゃなくて、戦闘中にふと思い立って、アイガイオンの中を通過してみたときのワンシーンです。

それでは~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

●第4小隊、出撃せよ! (ゲームその他)

アテンション!

モルスコイ西部方面軍の主力が、オレニヤ・グバ南部に集結しつつあるとの情報が入ったわ。彼らは首都セレスへの進軍ルートを確保すべく、ここに火力を集中させてきてる。

軍上層部はこの地を主戦場には指定しておらず、適度にあしらって、より内地に引きずり込むつもりみたいね。

我々第4小隊にも出撃指令が出ているわ。

城西周辺の複雑な地形を利用して敵を撹乱、進軍を遅らせ、可能であれば敵先遣隊のベースキャンプに損害を与えること、だそうよ。

・・・そんな顔しないでちょうだい。傭兵部隊に舞い込む作戦なんていつもこんなものでしょ? 敵の火線の真っただ中を突破しろ、なんて言われないだけましじゃない。

敵も先陣、優秀な部隊を投入してきているはずだから気を抜かないで。

作戦開始は14:11 作戦参加確認は14:00。
報酬は173,000$、従軍拒否は$500,000の反則金、誤射は一回当たり罰金$100,000よ。
時間までに、財布と命を天秤にかけておきなさい。おなかが痛くなったなんて変な言い訳は聞くつもりはないからね。

機体はピッカピカに磨いておくのよ。今日は敵だけど、もしかしたら明日の雇い主になるかもしれないんだから、しっかりと目に焼き付けてやりましょう!

では、一旦解散!

---

こんにちは、EBC主催者のゆうです。

EBCってなんですか? エステティック・サロンEuphemia's Beauty Clinic の略? という声が聞こえてきそうですが、違います。 Euphemia's Boot Camp の略です。そう、ブートキャンプ。新兵訓練場です。

銃の握り方も知らないひよっこ達に、血と汗と涙を流させながら、一人前の捨て駒傭兵に育て上げる地獄のキャンプですw

今日は、キャンプを卒業して実践で頑張っている、うちの小隊の紹介をしたいと思います。

●部隊名: 4th. Squadron

・・・過去にいくつかスカッドに所属していました。最初は新米の傭兵として。そしていくつかのスカッドを渡り歩き、最終的に自分の部隊を持つに至りました。いい名前も思いつかなかったので、ゲームを始めた時から数えて4番目のスカッドだったことに思い当たり、「第4小隊(4th.Squadron)」と命名しました。

最初のうちは、暗視スコープをだれも持たずに夜間戦闘に繰り出したり、ばらばらに突出して各個撃破されたり、と、さまざまな伝説を築きあげてきたお茶目なwスカッドでしたが、最近はチームワークも良くなって、いい動きができるようになってきました^^v

●隊長: ゆう / 階級=士官候補生
           
(やたー! やっと制服組になったじょ~w)

通称: 地形マニア

搭乗機体: ディフェンダー、ヘビーガンナー、スナイパー

特徴: ブリーフィングでは緻密な作戦を立てる有能な司令官。しかし前線に出ると一変して、すべての指揮を副隊長に押しつけて自分は照明弾で遊んでいるというを困ったサン。
曲射砲での爆撃精度は目を見張るものがある。
最近、焼夷弾にはまっているらしい。
また、崖から飛び降りるのが好きwww

●副隊長: ミスト / 階級=新兵

通称: かま・・・キャタピラ・マニア

搭乗機体: アタッカー、コマンダー、ディフェンダー

特徴: 現場での情報統制を一手に担う頭脳派。彼がいないと部隊の連携はばらばらになってしまう重要なポジション・・・なのに気がつくと至近距離で敵とガチで撃ち合っている。彼の機体が大破した後はみんな自由時間w 勝手に行動して敵を倒せればラッキーw

被弾が多く、いつも経費がバカにならず、ゆう隊長に$8,000,000の借金があるとかないとかwww ストレスの多い中間管理職^^;

●隊員: ショウ / 階級=新兵

通称: ゴルゴ31

搭乗機体: スナイパー

特徴: アイスクリームのように甘い位置取りと、微妙な射撃により隊をサポートするスナイパー(ウソです・・・最近メキメキと腕を上げ、かなり頼れる鷹の眼さんです)
仕事の報酬は1スナイプ$500(安~w)、スイス銀行ではなく、りそな銀行に秘密口座があるとかないとか・・・

「うはっ!」が口癖w

●隊員: てつぶし / 階級=新兵

通称: ヘル・パイル

搭乗機体: スカウト(?)アタッカー / スナイパー

特徴: バギーのホイールにパイルバンカーを何門か束ねて積み、司令部特攻をやってのける鉄砲玉。本人は優秀なスナイパー経験者だと言い張るが、誰にも信じてもらえず無理やりアタッカーにwww

ほかのメンバーがめんどくさそうに陣地から動かないwww のと対照的に、戦場での機動距離はピカイチ。気がつくとコムバスの通信圏外に、・・・しかも敵司令部に肉薄しているので、居場所を知らせる照明弾積んでください。おながいします m(_ _   )m

まだ不慣れな頃ですが、録画したものが出てきたので張っておきます。
(プレー中は臨場感あって緊迫しているのですが、ムービーにすると間延びして退屈に見えるので、2倍速ですwww)

そして決定的瞬間!w

ってな感じのクロムハウンズ・・・で、隊長やってますwww
不定期ですけど集まって、あちこち転戦の毎日。

各メンバーもハマってしまったようで、人がいないときもそれぞれ機体をさわったり、ちょこっと出撃して小遣い稼ぎをしているようですw 現在うちの小隊は総勢5名(戦死含むw)、サーバ終了間際のゲームにしては、人集まりましたね~^^ あと1カ月、遊び倒せそうな予感です^^/

さあ、君もEBCに入隊だ!

それでは~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

●鋼の猟犬再び (ゲームその他)

こんばんわ。

最近はパソコンのハードディスクの容量も増えてきて、バックアップを取るのが大変ですね。
200GBとか超えちゃうと、もはやDVDでバックアップする気も出てきませんw

うちのPCも酷使しすぎたせいか、HDDがもうすぐ故障しちゃうかもよ?アラートを出しよったので、交換用一台と、バックアップ用の外付けを一台買ってきました。合計2テラw

外付けのはよー分らんけど、eSATA接続とかいうのをお店の人に勧められて買ってきました。”そやつ”がいうにはそれで正解らしいです。USB接続のハードディスクよりも早いとか何とか。・・・いまこの記事を書きながらユーザーデータをバックアップ取っているのですが、確かに早いです。105MByte/s位出ていますね~

Photo

これでまたしばらくは大丈夫かな?

・・・

さて、最近はクロムハウンズというゲームにはまっています。SEGA(フロム・ソフトウェア)の作品で、アーマードコアのように、カスタマイズしたロボットで戦闘に参加するというゲームです。

Pic20091124212252

アーマードコアと違うのは、機体のパーツが豊富で、ACのように微妙なパラメータが変わるのではなく、機体の外観から運用の仕方まで、ごろりと変わるところです。シールド張って敵に突っ込んで、無双みたいなことは全くできない、武骨なゲームです^^

3つある国家の中から所属をえらび、その国の傭兵となって、何人かのフレンドとチームを組んで出撃するのですが、チーム内での役割も振る舞いも機体(とその人のキャラw)によって決まってきます。

Pic20091124212357

2~3年ぐらい前に出たゲームなのですが、ゲームデザインが非常によく考えられていて、現在でも十分通用すると思います。

残念ながら、来年(2010年)の1月に、オンラインのサーバがクローズするようで、残り時間は1カ月チョイしかありません。そこでその1カ月をこのゲームで遊び倒そうと、フレと意気込んでいるわけです。・・・なにより、Coop感がすごくあって、たのしいですし^^

どんなゲームかを文章に書くと長いので、簡単に箇条書きで説明しますと・・・

<戦闘単位>

・歩兵(偵察くらいにしか使えない、戦闘力はほぼ0)

・戦車(戦闘力は低い)

・ACV(ちょっと多機能な戦闘車両)

・ハウンド(ロボット、ユーザーや敵が操るこのゲームのメイン)

<固定施設>

・司令部(破壊されると負け、破壊すれば勝ち)

・コムバス(占領するとレーダー範囲が広がり、僚機と通信ができるようになる通信施設。この通信制限はボイチャも含まれるため、戦闘遂行のためにはこの施設の確保がかなり重要)

・タンクや建物(障害物、オイルタンクは破壊で延焼ダメージあり)

・固定砲台(攻撃してくる障害物程度)

<ルール>

・制限時間内に

 ①敵の全滅
 ②敵司令部の破壊

 で勝利。また、制限時間経過後に、

 ③敵よりも多くのコムバスを確保
 ④同じコムバス数なら、残存機体の多いチーム

 が勝利となります

<機体構築のルール>

・脚部を一つ
・コクピットを一つ
・ジェネレータを一つ以上

備えており、あとは好きなパーツで機体を構築。
最後に、システムデバイスというものを3つ選択し、機体の微調整

パーツには、ほかのパーツと接続するジョイントがあり、お互い干渉しない位置関係で接続可能。パーツは1つの機体で20個まで。また、脚部を中心として、一定半径内の球体内に全パーツを納める必要がある(あまり、変に長い機体は作れないってことです)。

パーツには消費電力と重量があり、

・脚部によって支えられる重量があるので、その制限内に納める。
・ジェネレータによって供給できる電力があるので、それを見ながらパーツを選ぶ(連続稼働可能時間に影響します)

武装はさまざまな種類があり、最大4つのスロットに、これまた最大4門までを割りつけて、装備できる。戦闘中はスロットを選択した状態で、引き金を引くと割りつけた武器がファイアされる仕組みになっています。

戦闘によってパーツはダメージを受けていき、0になるとそのパーツが破壊されます。

・ジェネレータ破壊で速度減少+稼働時間の大幅低下
・脚部破壊で移動速度の著しい減少
・コクピット破壊でその機体は動作不能
・その他のパーツ破壊で、その機能が失われる

となります

<主なパーツ>

・脚部

 ・2脚 ・・・ 速度重視、耐久度低い
 ・逆間接 ・・・ 速度重視。安定性高い
 ・4脚 ・・・ 安定性高い。積載重量大きい
 ・キャタピラ ・・・ 速度そこそこ。積載重量大きい
 ・ホバー ・・・ 速度速い。積載量少ない、方向転換苦手。水上を走れる
 ・ホイール ・・・ 速度速い。積載量少ない、もろい

・ジェネレータ

 ・自重と供給電力、耐久度で差別化

・コクピット

 ・自重と供給補助電力、システムデバイスのスロット数、耐久度で差別化

・ヘビーアームズ

 ・ロケットランチャー ・・・ 放物線弾道、反動なし
 ・ミサイルランチャー ・・・ 唯一、短距離誘導性能あり、弾数少ない、反動なし
 ・曲射砲 ・・・ 射程最大、放物線弾道、反動大きい

・ライトアームズ

 ・マシンガン ・・・ 弾数多い、連射性高い、威力は低め、射程短い
 ・グレネード ・・・ 弾数少ない、威力が非常に高い、射程はほとんどない
 ・ロケット砲 ・・・ 速度が遅い、威力が高い、中~近射程、反動なし
 ・ショットガン ・・・ 攻撃範囲が広い、中~近射程、反動少ない
 ・アサルトライフル ・・・ 弾速が速い、中~近射程、反動少ない
 ・スナイパーライフル ・・・ 弾速が速い、中~遠距離、反動少ない、威力低い
 ・スナイパーキャノン ・・・ 遠距離、反動大きい、リロード長い、威力高い、弾数少ない
 ・連装ロケット ・・・ 弾数多い、威力が高い、中~近射程、反動なし
 ・キャノン砲 ・・・ 弾速が速い、中~近距離、反動大きい、威力高い
 ・榴弾砲 ・・・ 長射程、放物線弾道、反動大きい
 ・迫撃砲 ・・・ 攻撃以外にスモーク、照明弾などを発射可能
 ・パイルバンカー ・・・ 直接攻撃用の射突ブレード、威力非常に高い、弾数少ない
 ・地雷発射機 ・・・ 設置型の兵器、敵機の脚部破壊や行動制限を狙う
 ・爆弾射出機 ・・・ 施設破壊などに使う爆弾散布機、威力高い

・補助パーツ

 ・暗視センサ ・・・ 夜間戦闘でも視界を確保できる
 ・サーモセンサ ・・・ 熱源を感知して可視化できる
 ・地雷探知機 ・・・ 地雷を発見できる
 ・NAジャマー ・・・ 敵のレーダーに映りにくくする妨害機
 ・ミサイルカウンター ・・・ 敵ミサイルの誘導を妨害する
 ・ロータークラフト ・・・ 一定時間空中浮遊を行うプロペラ(崖などから飛び降りられる)
 ・ラジエータ ・・・ 機体の熱を逃がし、オーバーヒートしにくくする
 ・補助燃料タンク ・・・ 機体の稼働時間を延長
 ・追加装甲 ・・・ ほかのパーツを通常銃弾から守る
 ・特殊装甲 ・・・ ほかのパーツを化学砲弾から守る

・ネットワークエリアメーカー(NAメーカー)

 ・機体装備型の大型レーダー。コムバスと連結して、索敵範囲と通信可能範囲を広げる

・スペーサー

 ・さまざまな形のジョイントパーツで、機体のパーツ配置の自由度を上げたり、装甲の代わりにしたりする。

・システムデバイス

 ・駆動制御システム ・・・ 移動速度と加速を調整する
 ・火器管制システム ・・・ 照準精度と武装の並列制御(同時撃ち)を調整する
 ・機体管制システム ・・・ 旋回性能とバランスを調整する

これらを駆使して作った機体は、大きく6種類に分類され、戦場での役割がそれぞれ変わってきます。

①アタッカー ・・・ 前線構築、敵機破壊、司令部破壊

②スナイパー ・・・ 中距離支援、敵機破壊

③スカウト ・・・ 偵察、後方撹乱、コムバス占拠、司令部破壊

④ディフェンダー ・・・ 司令部防衛、敵前衛の排除、中距離支援

⑤ヘビーガンナー ・・・ 遠距離支援、間接爆撃、司令部破壊

⑥コマンダー ・・・ 司令塔、部隊連携指示、前線支援

・・・ふぅ・・・長くなったけど、こんなものでしょうか^^

せっかくなので、あたしが作った機体をいくつかご紹介w

こんなのです^^

Pic20091124212547

↑ 近接戦闘型のアタッカー

キャノン砲2門、アサルトライフル2門、マシンガン1門、サーモセンサを積み、走りながらアサルトで敵の戦力を殺ぐ動き方をします。ジョイントとシールドでコクピットをガードしているので、比較的生存率が高いです。

Pic20091124212707

↑ 中~遠距離支援のスナイパー

スナイパーキャノンを5門積み、3-2で2セット目に1セット目の照準を合わせています。これにより武器セットを切り替えても視点は定まったままで、スナイパーキャノン5発分を集弾させることができ、凶悪な火力となっています。
補助パーツは暗視センサと、ロータークラフトです。

スナイパーは高台に陣取ることが多いので、場所移動や敵に詰め寄られたときに、ローターを持っていると崖からダイブして安全に着地できるので重宝しています^^

Pic20091124212505

↑ 中~近距離戦闘のディフェンダー/アタッカー

連装ロケットを6基積み、中距離の範囲制圧と近距離での瞬間火力に特化している機体です。丘や稜線越しに砲撃したり、接近する敵にまとめてお見舞いしたり、司令部にロケット砲撃を加えたりと、うまくはまると非常に強く、楽しいです。

ほかの武器は戦車や軽ACVを排除するためのマシンガンが1門だけです。弱点は足の遅さですね~

Pic20091124212745

↑ 近接支援のアタッカー

キャノン砲2門、マシンガン2門、スナイパーキャノン1門、ミサイルポッド1基、と幅広い武器をそろえた機体で、主に敵ACVや砲台の排除、メインのアタッカーの援護などに使います。もともとは、ソロで遊ぶときにいろいろな敵に対応しなければならないから作った器用貧乏万能型ですw

ソロのときは敵ハウンドが1機だけだとわかっているので、ミサイル全弾撃ち込んで、キャノンでとどめをさすというスタイルです。

チーム戦でも案外使える機体であることがわかりました。

・・・

そんなこんなでわいわい遊んでいます。ここまで練りこまれたデザインのゲーム、サーバークローズは残念ですが、ぜひ続編を出してもらいたいです^^

さて、次回はあたしの部隊のひと癖もふた癖もあるw隊員の紹介と、ちょこっと動画でも載せられたらな、と思っています。

それでは~♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

●実績100%は遠い・・・ (ゲームその他)

こんにちは。連休終盤でちょっぴりぶる~なゆうです。
バタバタしていた連休なので、ちょっと疲れがでてきました。

某日某刻、:谷チャットにて・・・

えんちゃん:「あ、ゆうさん、部長いる?」

ゆう:「あ、聖賢王・・・」

えんちゃん:「オレ、これから女の子達と飲みに行ってくるけど、ちゃんと報告書出しとけって伝えておいてな」

ゆう:「何の報告書?」

えんちゃん:「谷底部屋シューティング部の活動報告書。こないだ部長はたくさん書いてたけど、部員の活動が伝わってこないのよ。ちゃんと部になってないと、部費削減しちゃうよ~♪」

ゆう:「ぐぅ・・・・(ヤバイ)」

えんちゃん:「ゆうさん部員だったよね ・・・まさか何もやってないわけないよ、な??」

ゆう:「ダイジョウブダイジョウブ! いままとめているところだから、女の子「」と飲みに行ってる間に提出しとくわ」

と言ったかどうかは分かりませんが、積みゲー消化の予定ももちろん進んでいないので、残り2日はデートもせずにゲーム三昧の終わっている日々を過ごそうと心に決めました。(日々というほど時間ない&もう半日以上過ぎちゃってるけどw)

ということで、中途半端になっていた、ぼxの3Dスペースシューティング、プロジェクト・シルフィードに本気で取り組んでみました。谷底部長に実績を抜かれてしまったし、ここらで部員の実力を発揮しておかないと廃部に・・・ゲホ、ゴホ。。。

突然ですが、TSD(Tanizoko Shooting Department)は部員募集中ですw
部長の谷底さんはいま仕事で忙しいみたいなので、あたしが勧誘しておきます。
詳しい活動内容はあたしも知らないw ので、直接部長に聞いてください。

部室はここです↓

http://tanizoko.blog.shinobi.jp/

それでは、少し攻略っぽいことを書こうと思います。

プロジェクト・シルフィードは、非常に性能の高い自機+武装を操って楽しむいわば「宇宙無双」とでも言うべきゲームです。「ええぃ!」とか「どけぇ!」とか言いながら攻撃すると、敵の宇宙戦艦や戦闘機がバカスカ墜ちていく、3倍速の人ニュータイプの気分をたっぷりと味わえる爽快ゲームです^^。

しかも発売後1年たってから追加されたDLCは、6つのステージと6つの新武装がパックになったエキストラミッションでした。ステージやBGMも使い回しでなく新規で、しかも無料という、AQinteractive並の太っ腹です、スクウェア^^

ただし、このゲームにはいくつかストレスがあり、それをうまく処理するすべを知らないと途端にイライラゲーになってしまいます。皆さんのすっきりゲームライフのために、これらの回避方法を紹介しておきます。

ストレス1: 母艦に高速で衝突 Σ(°д°lll)ガーン 

ストレス2: 味方がやられて敗北 (`Д´)ムキー!

ストレス1はよくある死にかたで、さすがのデルタセイバー(自機)のシールドも一瞬で消し飛んでしまいます。覚えておくといいのは、母艦のかなり離れた横を通過するだけで補給操作は有効になりますので、フライ・バイするぐらいの軌道で補給に戻るといいでしょう。

ストレス2は、せっかく気持ちよく戦っている最中に味方(主に母艦や護衛対象)が破壊されてゲームオーバー、というものです。
これは1つの知識と2つの重要な操作を、身につけると、かなり余裕を持って戦えるようになります。

1つの知識とは、倒すべき敵の優先順位を覚えることです。優先順位は多少変動しますが、以下のようになりますので暗記してしまっていいですw

対処優先度(高)
   ↑

1.AS Frigate (対艦フリゲート艦・・・超火力で、あっという間に味方艦が沈む・・・)
2.CYCLOPS他 (攻撃機・・・放っておくと味方艦のシールドがガリガリ削られる)
3.ISBM (恒星間巡航ミサイル・・・速度は遅いが、命中すると1発で味方艦が沈む)
       (1~3は護衛対象に近いほうが緊急を要する)

3.carrier (空母・・・放っておくと戦闘機/攻撃機が出てくる)
4.Battleship系 (戦艦/巨大戦艦・・・そこそこ火力が高い)
5.cruiser (巡洋艦・・・上記が片付いてからでもOKだが、
         味方に密接しているのがいたら倒しておいた方がよい)

6.Destroyer (駆逐艦・・・5に同じ。派手なビームは見た目だけで微ダメージw)
7.AF Frigate (対空フリゲート艦・・・対艦攻撃はしてこないので無視)
8.ELAN他 (戦闘機・・・ハエみたいなもん、虫w)

   ↓
対処優先度(低)

覚える操作の2つはレーダーと、ターゲッティングです。

レーダーは画面を展開すると見ずらくなりますが、自分の位置と護衛対象、敵攻撃機の位置関係を常に把握しておきましょう。慣れれば一瞬だけレーダー画面を開くだけで把握できるようになります(女性のあたしには難しい、空間把握能力ってやつです)

ターゲッティングは、普通にボタンを押して敵を切り替えるだけでなく、ダブルクリックして、最寄りの敵にターゲッティングすることもできるので、見失いたくない敵は近づいてターゲットしておきましょう。マルチロックオン武器で攻撃する時のロックオンは、ターゲット以外もマークできますので、攻撃のためだけでなく、位置を見失わないためにターゲッティングを使うのがコツです。

デルタセイバーは武装が優秀なので、これらを覚えるだけで、味方を守りながら安心して、面白いように敵を倒すことができるようになります。

本編16面の攻略はWEBを探せば出てくるので、ここではあまりWEB上に情報のない、DLCチャレンジミッションの攻略ポイントでもちょこっと紹介しておきます。

DLCは使用できる武装が制限されるため、本編よりも難易度が高めに設定されており、デルタセイバーの操作に一通り慣れていないと攻略は難しいです。不慣れな場合は本編のミッション2、5、11が余裕に感じるようになるくらいまで、腕を磨いておくといいかもしれません。

タイムアタック:

目的である敵空母はステルスで、ガス雲に隠れているため、射出される艦載機を目安に探索する。対艦ミサイル(このミッションの場合はピラーニャ)を持っていかないと発見しても空母を沈められないので注意。
DLCの中では2番目くらいにかんたん。
クリア特典はマルチロック汎用ミサイルの「スラッシュ220AM」。ロングスピアの実弾バージョンみたいなもので、便利なのは機雷だろうが敵艦だろうが攻撃機だろうが、何でもかんでもロックオンできるところ。ちなみにフルロック(60)なら駆逐艦も一発で沈めますw

スコアアタック:

「コンドル105AM」/「コルドロン50ロケット砲」/「メイルシュトローム爆弾」がノーマル時のガチ装備。先に書いた対処優先度に気をつけて、なるべく多くの敵艦を沈めまくりましょう。
DLCの中では3番目ぐらいにかんたん。
クリア特典は対艦攻撃用レーザーの「デバイダーL3GP」。凄まじい威力で一気にレギュラー武器候補をぶんどっていく反則武装です^^;

エクストラ1:

この面と、次のエクストラ2ではまる人が多い模様。
ストレス2の「味方がやられて敗北」をたっぷりと味わえる高難度です。敵の攻撃機と対艦フリゲートをいかに効率よく倒せるかがカギになってきます。

オススメ装備は「コンドル105AM」/「コルドロン50ロケット砲」/「スラッシュ220AM(タイムアタックの戦利品)」で、コンドルとスラッシュで交互にロック~発射を繰り返すのが有効です。

コツは、スラッシュで攻撃機を真っ正面から可能なだけロックして、すれ違った瞬間にマニューバで反転して発射~コンドルに武装切り替え~敵の背後から大量ロック~発射~すぐにスラッシュに武装切り替え~・・・のように、マルチロック武装を2つ積んで、互いのリロード時間をカバーするようにすると、途切れることなくミサイルを討ち続けられます。
これを生かすためには、攻撃機が編隊飛行をしている、接近中が狙い目で、やはり、先ほど説明したレーダーとターゲッティングが重要になります。

敵の艦船相手にコルドロンだけでは火力不足に感じますが、このロケット弾は自機の速度が初速に上乗せされますので、急降下(急接近)爆撃が有効です。敵艦に軸を合わせて高速接近、射程レンジにとらえたら乱射、とすると運動エネルギーで火力がUPします。ゼロ距離で相対速度も0だと駆逐艦一隻沈めるのに7~10発近くかかりますが、速度を上乗せすると3~4発程度で沈められます。おためしあれ^^

クリア特典は巨大なガトリング砲の「メイスGP25H」・・・あたしはうまく使いこなせません。

エクストラ2:

ひとつ前の面と違った意味での高難易度なステージ。
この面ではジャミングのため誘導兵器が使えないため、目視と機首合わせによる射撃が要求されます大体30機程度の航空機を落とす必要がありますので覚悟と集中力が必要です。画面に表示される残敵数は落としても落としてもしばらくは増え続けますので、終盤以外は見ない方が精神衛生上いいかもしれません^^;

大気圏内のため、実弾系装備は重力に引かれて射線が放物線になります。一応偏差射撃用のレティクルが出ますので、そこを狙えばヒットさせられますが、慣れてこないと難しいです。あたしは「ニードルL1GP」/「ファイアアローL2GP」/「モノケロス長距離砲」でクリアしました。射線がまっすぐなレーザー兵器ですw

この面の楽なクリアの方法はありませんが、いくつかコツを。。。

敵空母や艦船は早めに沈めておいた方がラク。
次から次へと航空機が出て来ますので、あとに残しておくと手が回らなくなります

速度を落として浮遊砲台に徹すれば少しは狙いがつけやすくなる
敵も誘導兵器は使ってきませんので、撃墜されることはまずありません。
モノケロス長距離砲は実弾系で重力の影響を受けますが、敵艦と渡り合うのに必要です。また、2発当てれば航空機は落とせますので、砲台向きです。

クリア特典は視点追従可能なキャノン砲「トール砲システム」・・・名前は強そうなんだけど・・・微妙(FCS+デバイダで2枠埋めたくない人にはいいかもです^^)

エクストラ3:

DLCの中では一番簡単。
いままでの面と比べたら、ヌルくて鼻歌まじりでクリアできちゃう面です。でも補給はできないので無駄撃ちはしないように。

注意点は2つ。敵に機雷と戦艦(Battleship)が混じってますよん。
ちゃんとピラーニャ(対艦魚雷)持っていかないと、戦艦沈められなくて詰みマス・・・

機雷はノーズウエポンの「セイバーLG1」がオススメ。フル照射2回で破壊できます。ついでに積んでおいた「クライブ120mm砲」と混ぜれば1発+1フル照射。

クリア特典は「バリスタ24ロケット砲」・・・ロケット砲は初速を乗せれば・・・以下略w

エクストラ4:

最後のミッションは毎回敵の構成と配置が変わるので、これと言った攻略はありません。ただ、微妙に離れた位置に2つの護衛対象(母艦アクロポリスと戦艦ヴィンソン)がいますので、敵の攻撃機がどちらを狙っているのかちゃんとレーダーで見ないと、いつの間にかゲームオーバーになります。

基本的には前線に近いヴィンソンに張り付いて対空戦闘し、アクロポリスをときどき確認(通信を聞いていれば敵接近を教えてくれます)そして時間ができたら敵艦を沈めにいく、の繰り返しでしのぎ切ればクリア。

攻撃機の数が多いので、装備はエクストラ1と同じ「コンドル105AM」/「コルドロン50ロケット砲」/「スラッシュ220AM」がおススメです。攻撃機を速攻排除できれば、それだけ対艦に時間を割くことができます。足りない火力は運動エネルギーを利用しましょうw

クリア特典はノーズウエポンにはめすらしいチャージ武器の「スピットファイアBX」
ノーズウエポンなのに誘導できて、チャージも速く、攻撃機を一発で撃墜(フルチャージ)といった武器です。いままでメインウエポンの枠に入れてたような武器がノーズにつくのは反則ですね~w

少しは参考になったでしょうか?

・・・さて、最後に報告書ということで、結果を。

全16面×3( Easy / Normal / Hard )+DLCチャレンジミッション6面をオールクリアして、時間をかければ取れる実績以外もコンプリートしました。

Ps

飛行時間:10:57:50
撃破数:2936機/374隻
撃墜総重量:242.1Mt

おかしいなぁ・・・質量数兆tのプロメテウスドライバーやっつけたのに、1Gtじゃないなんて(笑)

ということで、10000機撃墜と1Gt(=1000Mt)撃墜の実績は遠いです・・・
まあ、ときどき立ち上げて1周ずつしていけばいつかは達成できるので、そこまでガッつかないことにします^^

おまけの動画(最終兵器瞬殺のやり方)

武装は、

MainWeapon1:最終防衛兵器の足止めをする「ダート23ロケット砲」、
MainWeapon3:とどめをさすための「グラヴキャノンXGS」

で行きます。NoseWeaponとMainWeapon2は何でもいいです。

まず最終防衛兵器はロケットを何発か当てて動きを止め、グラヴキャノンXGSのフルチャージを一発。兵器の再起動直後にもう一発フルチャージを当てると破壊できます。あとはフルチャージをもう一回だけして、コアの回転シールドの隙間から打ち込めば一発で炉心を破壊することができます。

ムービーにしておいたので、サクッと倒してみたい人は参考にしてみてください。
(一応、最終ボスなのでネタバレ注意です^^;)

いろいろ長々と書きましたが、とてもオススメなゲームなので、3Dシューティング好きの人、ぜひやってみてください。

それでは~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

●H.A.W.X ファーストインプレッション

とうとう念願のゲームH.A.W.X(ホークス)をゲットしました。

こんな攻略をやっているのでキャリバー人だと思われていますが、実はあたしは見かけによらずシューティング大好き人間です。エースコンバットが出た時にはかなり遊んだ記憶があります。ボストンに住んでいる妹と普通にオンラインで遊んでいました。キャリバーほどラグに影響されないのも魅力の一つですね。
当時はF2やユーロファイターで撃墜し、される毎日を過ごしていました(←どんな姉妹だ、とあるフレには突っ込まれました(;゚∀゚)=3)

Xbox360を買ったのも実はAcecombat6が出たからなんです。PS3に出てたらきっとそっちを買っていたと思いますw

まだクリアしていませんが、H.A.W.Xはゲーム性や操作はAC6とほとんど同じで、ほとんど違和感なくプレーできました。比べてみるとこんな感じです。(まだ終わっていない部分やストーリーは評価していませんがAC6は大河ドラマ志向、H.A.W.Xはアーマードコア4に似た世界観、でした)

◆Acecombat6

+:空気の質感が素晴らしい/雲の層まで再現されている/
  機銃の音(かすめた時/着弾)がホントにリアル

-:選択できる機体が少なすぎる/ミッションが長い(疲れる)/
  オンラインはただの追いかけっこ

◆H.A.W.X

+:機体の種類が多い(50種近い)/実際の地球上の空を飛べる/
  フレアが使用できる/AWACSのありがたみが味わえるw

-:雲が薄っぺらい/BGMが微妙/リミッタOFFでも1人称視点が欲しかった/
  武器のバリエーションがややさみしい

それぞれいい点、気になる点はありますが、どちらも空戦シューティングのプラットフォームとして申し分ない完成度を持っています。 

拙い操縦ですが、さっそく動画に落としたのでペタリんこしておきます。

●エースコンバットになくってガックシきたF4が、H.A.W.Xには出てきてホクホク^^
これは WildWeasel(イタチ)というF-4ファントムの最終派生形で、対レーダー、対地攻撃に特化した、防空網制圧の斬り込み役といった機体です。
(ごめんなさい、戦闘機オタクで・・・w)

AWW

●こちらは東側のベストセラー、フランカーシリーズの源流ともいえるSu-27です。
カナードがついていないので初期型かな?
カモノハシのような、西側の機体とは一味違う洗練されたフォルムを持っています

Su-27

いやぁ~、期待していたゲームを手に入れたので、思わずはしゃいでこんなに書いちゃいました ε=ヾ(*・∀・)/

それでは~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)